「老後の生活のため」「マイホームを購入するため」「子どもの教育費にあてるため」など、さまざまな理由で投資を始める方が増えています。銀行預金とは異なり投資は効率よく資産を増やせますが、リスクもあります。

今回は、投資で成功するための4つのポイントをご紹介します。投資初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

そもそも投資とは?利益を得る方法やリスクを抑えよう

投資初心者の方は、まず投資の仕組みや考えられるリスクについて押さえておく必要があります。

投資の仕組み

投資は、利益を得るために株や不動産、証券、事業などの投資商品に出資する行為のこと。投資商品は複数の企業から出ており、詳細を確認したうえでどこに投資するのかを投資家自身で決定します。

例えば株式投資の場合、企業から購入した株式を他の投資家に売ることで出資金を回収します。購入した金額よりも高い値段で株式を売却することで、利益を得られるのです。基本的には投資額を超える損失はありませんが、株は価格変動が大きく、それに伴いリスクも高くなるという特徴があります。

どうすれば利益を得られる?

投資で利益を得る方法には、「キャピタルゲイン(値上がり益)」と「インカムゲイン(配当金)」があります。株式投資を例にあげて解説します。

キャピタルゲイン(値上がり益)

キャピタルゲインとは、保有している資産を売却することで得られる利益のこと。
株式の場合、株価の値上がりによって得られる利益を「値上がり益」と呼びます。例えば、100万円で購入した株式が値上がりし、150万円で売却した場合の差額50万円が値上がり益にあたります。株価は常に一定ではないため、値上がりしたタイミングを見極めて売却できれば多くの利益を得ることが可能です。

 

株式の価値は企業により差があり、タイミングによっても変動します。人気の企業や成長が期待されている企業の場合、投資を希望する投資家が多いため、株式の価値(株価)も比例して高くなります。株価は常に一定ではないため、上昇したタイミングを見極めて売却すれば多くの利益を得ることができるのです。

インカムゲイン(配当金)

インカムゲインとは、資産を保有していることで得られる利益のこと。
株式では配当金、不動産では家賃収入、債権では利子がインカムゲインにあたります。配当金を受け取る頻度は年12回ほどが一般的であり、順調に業績を伸ばしている企業であればより多くの配当金が期待できます。

もちろんリスクもある

投資は多くの利益を望めますが、同時にリスクが高いということも忘れてはいけません。上述したように、株価は常に一定ではなく、企業の業績が落ち込むと一瞬で下落します。仮に、株価が下落したタイミングで売却すると、利益が得られないばかりか多大な損失を被ることになるのです。また株式を売却しなくても、業績悪化により配当金は期待できません。

成長が見込まれる企業の株式を選んだとしても、景気の悪化や災害などが原因で株価が下落する可能性も十分にあるため注意が必要です。

40-投資初心者むけその2

絶対に失敗したくない方必見!上手に投資を行う4つのポイント

投資に興味を抱いていても、リスク面に不安を感じてなかなか一歩を踏み出せない方は多いのではないでしょうか。実は、投資初心者の方でもポイントを押さえておけば効率よく資産を増やすことが可能です。

以下にて、投資を成功へ導くための4つのポイントをご紹介します。

ポイント1 投資用のお金を準備しておく

投資を始める際は、投資に使うお金と生活費を事前に分けておきましょう。

例えば、子どもがいる家庭では教育費が、持病のある方だと月々の医療費が必要です。これらを投資にまわしてしまうと、万が一投資に失敗した際に資金確保が困難になります。投資により生活が圧迫されると元も子もないため、投資用のお金を準備しておくことは必須です。

ポイント2 資産分散を行う

資産分散とは、複数の商品に投資することで資産を分散させるという考え方のこと。

例えば100万円の資産があった場合、ひとつの商品に100万円を投資するのではなく、5つの商品に20万円ずつ投資するという考え方です。ひとつの商品に全資産を投資すると、万が一失敗した際に多大な損失を被るため、リスク軽減のためにも資産分散を行いましょう。

ポイント3 投資商品をきちんと見極める

投資商品を選ぶ際は、投資先の企業がどんな事業を行っているか、売上や利益はどの程度かなどを確認し、投資すべきか否かを見極めることが大切です。
例えば株式投資を行う場合は、親しみのある商品やサービスを開発・提供している企業を選びましょう。身近な企業であれば業界の動向や将来性を予想しやすいため、初心者でも資産を増やせる可能性は高いといえます。

ポイント4 売却する具体的な金額を決めておく

投資は見極めが重要で、少しでもタイミングがズレると多大な損失となることもあります。リスクを軽減するためにも、あらかじめ売却金額を決めておき、商品がその金額に達したら潔く売却するのがおすすめです。「タイミングを見計らっていたら、突然の業績悪化により価値が一気に下降した」ということにならないよう、注意しましょう。

ローリスク投資から始めよう!初心者におすすめの投資

投資の種類によって、期待できる利益の多さやリスクの高さが異なります。投資初心者の方におすすめの投資は、以下2つです。

投資信託

株式投資などは、購入から運用まで自身で行う必要があります。株価の上がり下がりを常に確認しておかなくてはならず、投資初心者の方には難易度が高いといえます。

一方、「投資信託」は“ファンド”という仕組みを通して間接的に投資を行えます。投資商品やタイミング、運用などすべて専門家に任せることができるため、金融に関する知識は基本的に必要ありません。ただし、信頼できる専門家に依頼することが重要なので、ある程度の条件を絞ったら証券会社の窓口などに相談してみるようにしましょう。

投資信託のなかでも、投資初心者の方におすすめなのが「積立投信」です。毎月一定額を積み立てるという方法で、少額から投資できるため資金準備が不要です。積み立ては自動で行われるため、日々の価格変動を気にする必要がほぼなく、ストレスを最小限に抑えられます。

ミニ株

多額の資金が必要となる株式投資に対し、「手が出しにくい」というイメージを抱いている方は多いのではないでしょうか。またリスクも大きいため、投資初心者の方はとくにためらってしまうものです。

そこで、おすすめなのが「ミニ株」です。通常の株式投資が100株単位で取引されているのに対し、ミニ株は1株単位で購入できます。購入する株式が少ないほど利益も少なくなりますが、リスクも少ないので安心です。

40-投資初心者むけその3

節税しながらお得に投資!「NISA」がおすすめ

投資を始めるのであれば、あわせて節税対策も念頭に置きましょう。通常、投資で得た利益には所得税が発生するため、利益が少ない場合、投資にかけた労力と見合わないということになりかねません。そこで、おすすめなのが「NISA」です。

NISAとは?

NISAは少額非課税投資制度のひとつで、利益の約20%の税金を非課税にできる制度です。期間は5年間で、年間上限投資額は120万円です。株式投資や投資信託にも適用されるため、初心者の方は、投資を始める前にNISAの口座を開設しておくとよいでしょう。

 

つみたてNISA

少額の長期投資を考えている方には、「つみたてNISA」がおすすめです。
2018
年に開始された少額非課税投資制度で、最大20年間、年間上限投資額40万円までを非課税にできます。年間上限投資額はNISAに比べて少ないですが、投資総額は最大800万円となっているため、積立で投資を始めたいという方に適しています。

投資初心者でも大丈夫!ソーシャルレンディングの魅力

投資初心者の方におすすめの方法として、他にもソーシャルレンディングがあげられます。

ソーシャルレンディングとは?

クラウドファンディングの一種で、ソーシャルレンディング事業者を通して自身が興味のあるファンドに投資できるサービスです。仕組みを簡単に解説すると以下のとおりです。

 

1 投資家から事業者に投資を行う

2 事業者から企業に融資を行う

3 企業から事業者に返済を行う

4 事業者から投資家に分配を行う

 

企業と直接取引を行うことはなく、すべて事業者を通して行われるため、金融に関する知識が少ない方でも安心して挑戦できます。また、最小投資額が少ないため気軽に始められるという点も魅力です。

 

ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングの最大のメリットが、利回りの高さです。

ソーシャルレンディングには、貸出金利が高いという特徴があります。貸出金利とは、お金の借入の際に生じる利息のこと。企業から支払われる金利が高いため、それだけ投資家への分配金も高くなるという仕組みです。利回りは事業者によって異なり、年利換算で3.2%~10%の分配金を受け取ることも可能です。金利ゼロもめずらしくない今の時代、10%の利回りはかなり高水準といえます。

 

高利回りの実現には、融資の金利が高いことが関係しています。一般的に企業は金利の低い銀行から融資を受けますが、創業して間もなかったり経営難だったりする企業は融資を受けられないため、金利の高いソーシャルレンディング事業者を利用せざるを得ません。金利が高いと投資家により多くの利回りを提供できるため、高利回りになりやすいといえます。

 

ただし、ソーシャルレンディングには流動性が低いというデメリットもあります。一度投資を行うと、たとえ返済遅延が起きても途中で解約することができません。資金を引き出せるのは案件が満期を迎えた後になるため、投資資金と生活資金は事前に分けておきましょう。

ポイントを押さえて初めての投資に挑戦しよう!

投資初心者の方は、専門家に運用を一任できる投資信託から始めてみましょう。また、少額から始められるうえにリスクの少ないソーシャルレンディングを利用するのもおすすめです。ソーシャルレンディングは株式投資やFXなどと違って価格変動がないため、初心者でも経験者と同様の利益を得ることができます。

これから投資を始めようと考えている方は、ぜひ上記のポイントを参考にしてみてください。

おすすめの記事