ソーシャルレンディングは利回りが高く、安定して利益を生みやすい投資ですが、デメリットもあります。
デメリットを軽視すると収益を得られないばかりか、最悪の場合損をしてしまう可能性があるため、ソーシャルレンディングを始める前に対策を立てることが大切です。

今回は、ソーシャルレンディングで問題点だとされている5つのポイントをご紹介します。

問題点その1.デフォルト(貸し倒れ)のリスク

どんなに信頼できる事業者の扱うファンドでもデフォルトが発生するリスクがあります。ソーシャルレンディングでは、常にこうしたリスクを考えた上で資金運用を行うことが大切です。以下にて、デフォルト(貸し倒れ)のリスクが発生するケースと対策方法をご紹介します。

デフォルトが発生するケースとその対策

デフォルトは、企業に何らかの問題が起きると発生します。中でも一番多いのが業績悪化であり、万が一企業が倒産してしまうと投資金が返済されなくなる可能性があります
ソーシャルレンディングは元本保証がないため、デフォルトのリスクを回避するための対策が必要です。具体的な対策としては、融資先の企業を複数に分ける方法があります。融資先を分けることで、一つの企業がデフォルトを起こしても分散した他の投資で損失をカバーすることが可能です。

担保による保障

企業はデフォルトが起きた場合の返済方法として、事業者と担保契約をしています。これにより、返済ができなくなった場合でも担保を換金して返済に充てることができるのです。
しかし、必ずしも全額元金が戻るわけではありません。設定した担保によっては返済額に満たないこともありますし、不動産の場合は価格変動で提示された担保保証額よりも安くなることがあるためです。担保があっても元本割れが起きるかもしれない、ということを認識した上で投資する企業を選びましょう。

人とハテナ

問題点その2.融資先が不透明

ソーシャルレンディングでは、融資先の運用機関や利回りといった情報は開示されていますが、企業名や詳しい事業内容を把握することはできません。以前までは企業名や事業内容に関して匿名化はされていませんでしたが、行政から事業者へ指導が入ったため現在の仕組みになりました。以下にて、匿名化された理由や匿名化によって起きる問題などについてご紹介します。

融資先がなぜ匿名化されているのか

融資先の情報が開示されている場合、投資家が事業者を通して投資をしていても、直接企業に貸金業を行っていると判断され、法律違反と見なされてしまいます。
そもそも貸金業を行うには資産が5,000万円以上あり、投資を行う営業所を配置する必要があると法律で定められています。つまり、個人で投資を行うことは現実的に不可能ということ。ソーシャルレンディング事業者がいて、かつ融資先が匿名化されているからこそ、個人の投資家はさまざまな企業に投資ができているともいえます。

匿名化によるデメリット

融資先の匿名化によるデメリットとしてあげられるのが、「リスクの判断がしにくい」というもの。例えば、株式投資では企業の経営状態や事業内容を判断し、リスクを把握した上で投資を行うかどうかを検討します。一方ソーシャルレンディングでは、企業の経営状態や事業内容ではなく、開示されている案件の内容や担保の有無などから判断しなければなりません。
もちろん事業者は融資先の企業に返済能力があるのかを調査してから投資家に紹介していますが、投資家が自ら信頼できる企業に投資したいと思っても現状では難しいといえるのです。できる限りリスクを回避するためにも、事業者選びや融資する企業選びは慎重に行いましょう。

投資先開示の流れ

企業だけではなく、仲介事業者そのものが匿名性を悪用するケースもあります。中でも代表的なのが、旧株式会社みんなのクレジットによる流用事件です。匿名化を悪用してファンドで集めた資金を親会社に流用していたため、業務停止処分を受けました。
このような事件があったため、現在行政では融資先の企業名や事業内容の開示ができるように法整備を行うかどうかを検討しています。

問題点その3.運用期間に関する規約

ソーシャルレンディングでは、一度投資をすれば返済期間まで資金を自由に動かすことができません。

満期まで資金を動かせない

ソーシャルレンディングでは、返済までの期間が決められています。一度投資を行うと、返済期間が満了になるまでは資金を引き出すことができません。また、企業の都合で運用期間が伸びる可能性もゼロではなく、その際も途中で資金を引き出せない決まりになっています。
生活資金に困ったり病気になったりと急な事情で現金が必要になった場合、ソーシャルレンディングで投資した資金を支払いに充てることはできないので、あらかじめ生活資金を確保した上で投資を行いましょう。

場合によっては早期償還・返済遅延の可能性もあり

返済日が早くなる早期償還の場合、利益を早く得られる分利息が得られないため想定していたよりも分配総額が低くなる可能性があります。一方、返済遅延の場合はその分運用期間も延長されるため、予定していた日に分配金を得られず、資金繰りや支払いの予定がずれてしまう可能性があります。
基本的に融資した金額は返済日に戻ってきますが、絶対にデフォルトが発生しないとは言い切れないため、万が一に備えて融資先を分散する、資金に余裕を持った融資を行うなどの対策をしましょう。

問題点その4.返済方法の違い

ソーシャルレンディングで採用されている分配・償還の方法は大きく分けて3つあります。以下では、それぞれの特徴をご紹介します。

元本一括返済

多くのソーシャルレンディング事業者が採用している返済方法で、月ごとに融資した資金の分配金が返済され、運用終了時に分配金と元本が支払われます。
運用期間が終わるまで元本を返してもらえないためデフォルトが発生するリスクもありますが、満期まで元本が運用されるので元利均等返済と比べ、大きなリターンも期待できます。

元利均等返済

分配金と元本の一部が月ごとに分割で償還される返済方法です。デフォルトの際のリスクは少ないですが、元本も少しずつ返済されるので後半金利も少なくなり、得られるリターンも少なくなります。

満期一括返済

分配金も元本も返済日にまとめて償還される返済方法です。基本的には元本一括返済と同じ流れでリターンを得られます。リスクが大きい分、元本の運用パフォーマンスが高いのが特徴です。
満期一括返済の場合だと、毎月の分配金がないためデフォルトが発生した際のリスクが大きくなりますが、信用できるファンドを見つけて大金を投資しなければリスクを回避できます。

問題点その5.ソーシャルレンディング事業者の問題点

融資先企業のトラブルだけではなく、ソーシャルレンディング事業者自体のトラブルもあります。もちろん全ての事業者に問題があるわけではないので、しっかりと事業者を選んで投資をするように心がけましょう。以下では、過去の事例と併せて事業者選びに失敗しない方法をご紹介します。

行政処分の事例

ソーシャルレンディング事業者では管理体制の不備や誇張表現などが問題で行政処分に発展した事例がいくつかあります。ここではその一部をご紹介します。

クラウドバンク

クラウドバンクは過去二度にわたって行政処分を受けています。
一度目は、管理システムの不備による預り金残高の把握ミスです。顧客の預り金を管理するための社内規定や業務システムを整えずに業務を行ったため、顧客から預かった残高を把握できないなどの問題が発生しました。その結果、3ヶ月間の業務停止処分が下されています。
二度目は、案件募集の担保説明の内容に誤解を招くような表記があったため、行政から厳重注意の処分を受けています。

ラッキーバンク

ラッキーバンクの規定に沿って審査を行い、投資家が信用できるファンドの募集を行うと表示していたのですが、実際は返済の見通しがないファンドにも投資の募集をかけていました。
不動産担保に関する「不動産価格調査報告書」を提示していましたが、実際は正しい不動産鑑定をせずに作成されたものだったため行政処分を受けています。

事事業者選びは慎重に

ソーシャルレンディングで失敗しないためには、事業者を慎重に選ばなければなりません。以下の点に留意して、ソーシャルレンディング事業者を選びましょう。

実績の確認

事業者を選ぶ際は、実績を確認することが大切です。その際、ホームページに記載されている累計資金調達額を確認しましょう。累計資金調達額が高ければデフォルトの発生があまりなく、明瞭な運用ができていると判断できます。

親会社の確認

事業者の親会社が上場企業かどうかを確認するのも、優良な事業者かどうかを判断できるポイントです。厳しい審査をクリアした上場企業はコンプライアンス意識が高いため、不祥事の予防や対策を徹底しています。子会社に対しても法令を遵守した運営を徹底させているため、事業者が問題を起こす可能性が低いと判断できます。

ドアと人

Businessman facing many business opportunities

ソーシャルレンディングにおける問題点は回避できる

ソーシャルレンディングは比較的新しい投資方法なので、法整備が整っていない部分もあります。また企業のデフォルトや情報の不透明性、ソーシャルレンディング事業者の不祥事などの懸念点も少なくありません。しかし、案件内容や担保の有無、事業者の実績などを確認することである程度のリスクを回避できる他、行政指導後に体制を整えた事業者もみられるようになってきました。現在ではリスクを軽減させるために、融資先の情報開示を検討する流れもできつつあります。
あらかじめ問題点を把握し、それに向けた対策を行うことで、ソーシャルレンディングでも安全に資産運用が可能です。ソーシャルレンディングを始める際は、上記でご紹介した問題点に留意した上で挑戦しましょう。

おすすめの記事