資産運用に興味があって色々調べていると、「プライベートエクイティ」という言葉が急に出てきて気になったという人もいると思います。プライベートエクイティとは、未公開株のことですが、どんなものでどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

そこで今回は、プライベートエクイティとは一体どのようなものなのか、PE投資の特徴とメリット・デメリットについて解説していきます。

プライベートエクイティとは

プライベートエクイティとは

プライベートエクイティとは、未公開株のことで、未公開株に対する投資なども含みます。公開株は証券取引所で取引できますが、未公開株は市場では取り扱われていません。

上場していない未公開企業が資金調達を行うために、私募形式で発行した株式や転換社債型新株予約権付社債、新株引受権付社債などがプライベートエクイティに該当します。

基本的には、機関投資家がこれらの未公開株に投資を行いますが、個人投資家は未公開株に対する投資手段を持っていないため、未公開株に投資している投資信託に投資し、間接的にプライベートエクイティに関わっているのが一般的と言えるでしょう。

プライベートエクイティの種類

プライベートエクイティと一口に言っても、どのような企業に対して出資しているのかによって異なります。プライベートエクイティの主な種類は以下の通りです。

  • ベンチャーキャピタル
  • バイアウトファンド
  • 企業再生ファンド
  • ディストレスファンド

それぞれについて見ていきましょう。

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルとは、創業したばかりで勢いのある企業(ベンチャー企業)に対して投資を行っているファンドのことです。

ベンチャー企業は、4つの成長段階に分かれていて、初期に近いほど成功した場合の利益が大きくなるというメリットがあるものの、失敗するリスクが高いというデメリットがあります。

また、中期から後期にかけては、企業の成長が安定し、IPOなどの新規株式公開が現実味を帯びてくるため、リスクを抑えられるというメリットがあるものの、リターンが小さくなるのがデメリットと言えるでしょう。

バイアウトファンド

バイアウトファンドとは、ベンチャー企業のように創業したばかりの企業ではなく、事業がある程度軌道に乗っていて成熟しつつある企業に対して投資を行っているファンドのことです。

ベンチャーキャピタルのように資金提供だけではなく、ある程度株式を買い取って経営に参画し、企業価値を高めてから株式の売却を行うことによって大きな利益を得ます。

経営に参画することで、投資のリスクを抑えることができますが、企業価値が高まるまでに時間がかかるため、ベンチャーキャピタルよりも投資期間が長いのがデメリットと言えるでしょう。

企業再生ファンド

企業再生ファンドとは、経営不振に陥っている企業に対して投資を行っているファンドのことです。

バイアウトファンドのように株式を買い取って経営に参画し、企業再生・事業再生を進め、企業価値を高めてから株式の売却を行うことによって大きな利益を得ます。

経営不振に陥っていることから、会社の株式を安く手に入れられるというメリットはあるものの、マイナススタートの企業なのでリスクが高いのがデメリットと言えるでしょう。

ディストレスファンド

ディストレスファンドとは、経営破綻した企業に対して投資を行っているファンドのことです。

経営破綻した企業に対する債権や企業が有している株式や債券などを買い取って、債権の転売で利益を得るほか、企業価値を高めることで株式や債券から利益を得ます。

経営破綻した企業に対する投資は、専門的な知識が必要になるなど不確実性が高く、比較的リスクが高いのがデメリットと言えるでしょう。
ディストレスファンド

プライベートエクイティのメリットとは

プライベートエクイティは、個人投資家にとってそこまで馴染みのあるものではないかもしれませんが、どのようなメリットがあるのでしょうか?主なメリットは以下の通りです。

  • 経営に関与できる
  • 高いリターンが期待できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

経営に関与できる

ベンチャーキャピタルの場合には、基本的に株式の購入量を半分以下に抑えて、企業の経営体制を変えることなく、資金面のサポートを重点的に行います。

しかし、バイアウトファンド、企業再生ファンド、ディストレスファンドでは、株式の半分以上を取得するため、経営に関与できます。

もちろん、上場株式でも株式の半分以上を取得すれば経営に関与できますが、膨大な資金が必要になるため、事実上不可能です。

単に資金だけでなく、経営に何らかの形で関わることができるのは、未公開株のメリットと言えるでしょう。

高いリターンが期待できる

ベンチャーキャピタル、バイアウトファンド、企業再生ファンド、ディストレスファンドのどの方法を選んでも高いリターンが期待できます。

ベンチャーキャピタルは成長余地が大きいため、大きなリターンが期待できます。しかし、あまりに早期のベンチャーキャピタルや企業再生ファンド、ディストレスファンドなどは注意が必要です。

高いリターンが期待できる反面、早期のベンチャーキャピタルでは上場しないリスク、企業再生ファンドは破綻のリスクなどを伴うなど、リスクと隣り合わせにいるのを覚えておく必要があるでしょう。

プライベートエクイティのデメリットとは

プライベートエクイティには、経営に関与できるほか、大きなリターンが期待できるなどのメリットがありましたが、どのようなデメリットがあるのでしょうか?主なデメリットは以下の通りです。

  • 換金性や流動性が低い
  • 不確実要素が多い

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

換金性や流動性が低い

公開株の売買は、証券取引所を介して誰でも簡単にできますが、未公開株の売買は、誰でも簡単にできるわけではありません。

もし、何らかの条件が整って未公開株を手に入れたとしても、上場されるまではその取引が限られているケースが多いため、換金性や流動性が低いと言えます。

手に入れることができたものの、上場されなかった場合などには、いつまでも換金できずに手元に残ってしまう可能性があるので注意しましょう。

不確実要素が多い

ベンチャーキャピタルの中期から後期にかけて、またバイアウトファンドなどの場合には、新規株式公開に向け着実に歩を進めているなど、実績を伴ってきているため、不確実要素が少ないと言えます。

また、ベンチャーキャピタルの初期や企業再生ファンド、ディストレスファンドなどの場合、企業の実績が伴っていないだけでなく、実績が悪化しているものもあるなど、不確実要素が多いと言えます。

新規公開株のIPOですら抽選に当選したからといって、確実に初値が公募価格を上回ると保証されていません。「上場したら丸儲け」と期待しすぎず、「上場したらいいな」くらいの気持ちで臨んでおいた方が良いと言えるでしょう。

まとめ

プライベートエクイティは、上場していない企業の株式を取得することによって、資金面の支援を行いながら上場へと導くことによって大きな利益を得ます。

しかし、プライベートエクイティの中には、成長企業に投資するという方法もあれば、赤字企業に投資して経営にも携わることで大きな利益を目指すという方法もあります。

どのプライベートエクイティも選んでも「確実に利益が出る」とは保証されていないという不確実要素が強いことに加え、換金性・流動性が低いことがデメリットに挙げられるので、それらをよく考えてから投資しましょう。

 
~プロフィール~
矢野翔一
関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。

おすすめの記事