資産運用を行っている人の中には、「少しでも節税につなげることができないかな」と気になっているという人も多いのではないでしょうか?そこで登場するのが、少額投資非課税制度のNISAです。

今回は、比較的安定している資産運用の1つである投資信託にNISAが使えるのかどうかについて詳しく解説していきます。

NISAとは

株式投資や投資信託を行って利益が出た場合には、給与所得などのように給与が多ければ多いほど税率が高くなる累進課税ではなく、独自の制度が適用されます。

売買によって生じた譲渡益や配当金や分配金は、所得税と住民税を加えた20.315%(復興所得税を含む)が利益の多い少ないに関係なく一律で課税されます。

この仕組みは、株式投資や投資信託による利益が多い人は得する仕組みになっていますが、利益が少ない人はさらに利益が少なくなるため、少額投資で利益が少なくなりやすい人にとって始めにくいというデメリットがありました。

そこで登場したのがNISAです。NISAとは、少額投資非課税制度のことで、一定の範囲内で行われた資産運用によって生じた利益を非課税にするという制度です。

20歳以上であれば誰でも始めることができるほか、年間120万円まで投資信託や株を買い付けることができます。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、現行のNISAの年間120万円までの非課税枠を40万円まで引き下げているほか、運用対象がNISAのように株式投資と投資信託に幅広く対応しておらず、一部の投資信託に限定されているものです。

現行NISAでは、株式投資を行う場合には証券取引所に上場されている約3,600社の中から、投資信託を行う場合には約6,000の運用商品の中から選ぶ必要があったため、初心者には始めにくいというデメリットがありました。

つみたてNISAでは、リスクが低いなどの観点から金融庁が厳選した投資信託に限定されているため、選ぶ手間を省くことができます。

また、NISAよりも1年あたりの非課税枠は小さくなりましたが、NISAは5年間で600万円、つみたてNISAは20年間で800万円と、総額ではつみたてNISAの方が大きくなっています。
つみたてNISAとは

投資信託とは

NISAに投資信託が利用できるということは分かりましたが、そもそも投資信託とはどんなものなのでしょうか?

投資信託とは、資産運用のプロが投資家から資金を集めて、それを元手に債券や株式などを幅広く運用して、得られた利益を投資家に還元する運用方法です。

投資信託には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?それぞれについて詳しく見ていきましょう。

投資信託のメリット

投資信託の主なメリットは以下の通りです。

  • 少額から始めることができる
  • 投資の手間を省くことができる
  • 分散投資でリスクを軽減できる

株式投資を行う場合は、数万円程度の資金が必要になるのが一般的ですが、投資信託を行う場合は、最低1口100円から始めることができます。また、運用のプロが代わりに運用してくれるため、投資家は資金を提供するだけなので運用の手間を大幅に省くことができます。

また、1種類の銘柄や運用商品に集中して投資を行う集中投資ではなく、複数の銘柄や運用商品に分散して投資を行う分散投資であるため、リスク軽減につなげることができるのもメリットと言えるでしょう。

投資信託のデメリット

投資信託の主なデメリットは以下の通りです。

  • 運用にかかるコストが大きい
  • 元本保証はついていない

自分自身で株式投資を行う場合には、証券会社が定めている売買手数料を負担するだけで済みますが、投資信託の場合には、運用のプロに任せるため多くのコストがかかってしまいます。

例えば、投資信託を購入する際にかかる販売買付手数料、運用にかかる管理費用(信託報酬)、換金する際にかかる信託財産留保額などです。

また、銀行預金の場合には、預けた元本をそのまま引き出せる元本保証がついていますが、投資信託の場合には、元本保証がついておらず、運用実績が悪いと元本を下回るので注意が必要です。

投資信託とNISA

NISAを活用する際は株式投資・投資信託のどちらを選択しても問題ありません。つみたてNISAを活用する際のみ金融庁が指定した投資信託に限定されます。

では、NISAを活用するにあたって株式投資ではなく投資信託を選ぶことに何かメリットやデメリットはあるのでしょうか?それぞれについて詳しく見ていきましょう。

投資信託にNISAを活用するメリットとは

投資信託にNISAを活用する主なメリットは以下の通りです。

  • 非課税枠を最大限に活かすことができる
  • ポートフォリオをリバランスできる

株式投資にNISAを活用する場合には、自分が購入したい銘柄の価格が80万円だとすると、1年あたりの非課税枠が120万円であるため、40万円使い残してしまうことになります。

しかし、投資信託にNISAを活用する場合には、1口が少額から購入できるため、非課税枠ギリギリまで使うことができます。

また、株式投資の場合には、1銘柄に集中投資するので損害も1点に集中します。しかし、投資信託の場合には、分散投資なので、自分の運用指針に合ったものを最初に選んでおけばリバランスしてリスクを抑えてくれるのもメリットと言えるでしょう。

投資信託にNISAを活用するデメリットとは

NISAを最大限に活かせるのは、例えばIPOなどに参加して大きな利益が生じた時の非課税効果です。そのため、ハイリターンが期待できる株式投資の方が、NISAによる節税効果を大きく活かすことができると言えます。

投資信託は、分散投資でリスクを抑えつつ安定した資産運用を行うことを目的としているので株式投資よりも利益が小さくなるため、NISAの節税効果をうまく活かしきれていないことがデメリットと言えるでしょう。

NISAを活用するのにおすすめの投資信託とは

投資信託にNISAを活用すると一口に言っても、投資信託の種類は約6,000種類あるため、どの運用商品を選べばいいのか分からない人も多いと思います。

そこで、NISAを活用するのにおすすめの投資信託として、以下の3つの投資信託をピックアップしました。

  • 債券型投資信託
  • 株式型投資信託
  • バランス型投資信託

それぞれの投資信託について詳しく見ていきましょう。

債券型投資信託

債券型投資信託とは、比較的リスクを抑えながら安定した運用が期待できる投資信託です。大きな利益を得ることはできないものの、リスクを抑えつつ少しでも資産を増やしたいという人におすすめです。

その中でも、MHAM物価連動国債ファンド(未来予想)や外国国債インデックスeは比較的リスクを抑えながらも大きなリターンが期待できるため、おすすめと言えるでしょう。

株式型投資信託

株式型投資信託とは、国内株や外国株に投資するため、債券型投資信託よりもリスクが高い投資信託です。

その中でも、ハイブリッド・セレクションは相場のトレンドに敏感に反応するという特徴があるほか、ひふみプラスも相場の流れをうまく読んでいる運用方法であるため、おすすめと言えるでしょう。

バランス型投資信託

バランス型投資信託とは、債券型投資信託と株式型投資信託をバランスよく組み合わせた投資信託です。リスクを抑えたいもののある程度のリターンも欲しいという人におすすめです。

その中でも、世界経済インデックスファンドは、GDPに合わせた組入れ比率を実施していて、安定したリターンが期待できるため、おすすめと言えるでしょう。
バランス型投資信託

まとめ

NISAは、資産運用に興味があるものの、少額投資だと税率が高くなるので手が出しにくいという人に向けた少額投資非課税制度です。

NISAは、株式投資と投資信託など幅広い運用商品を対象としていますが、つみたてNISAは、金融庁が厳選した投資信託に限定されています。

投資信託そのものにもメリットとデメリットがありますが、NISAそのものにもメリットとデメリットがあります。それらを総合的に考えて、一番良い組み合わせを選んでから投資を始めるようにしましょう。

 
~プロフィール~
矢野翔一
関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。

おすすめの記事