生活をより豊かにするためや老後の資金確保のためなど、様々な目的で資産運用について調べている人も多いと思いますが、どれを選べばいいか分からない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、資産運用の選択肢の1つであるインデックス投資がどのようなものなのか、その特徴とメリット・デメリットについて解説していきます。

インデックス投資とは

インデックス投資とは、個別銘柄に対して投資するのではなく、株価指数に対して投資するものです。

株価指数とは、テレビなどで為替や株の値動きについて取り上げられる時に、日経平均やTOPIX、ダウ平均などの指数が公表されますが、これらのことを株価指数と言います。

つまり、株式市場の平均値がどのような動きをするのかを予想して投資する手法と言えるでしょう。

インデックス投資の代表例

インデックス投資の代表例は以下の通りです。

  • 日経平均株価
  • TOPIX
  • S&P 500
  • ダウ平均
  • NASDAQ
  • MSCIコクサイ・インデックス
  • MSCIエマージング・マーケット・インデックス
  • NOMURA-BPI総合指数
  • シティグループ世界国債インデックス
  • 東証REIT指数
  • S&P先進国REIT指数
  • S&P GSCI商品指数

例えば、日経平均株価とは、日本企業を代表する大型225社、TOPIXとは、東証1部上場の全銘柄の指数を表しています。

外国株式で耳にするダウ平均とは、米国企業を代表とする大型25社、NASDAQとは、米新興市場NASDAQ上場の全銘柄の指数を表しています。

インデックスは株式だけではありません。東証REIT指数と呼ばれる東証に上場する全てのJ-REIT銘柄(不動産)、S&P GSCI商品指数と呼ばれる原油や金、小麦などの24種類の商品先物を対象とする指数もあります。
インデックス投資の代表例

インデックス投資のメリットとは

インデックス投資とは、株式や債券、不動産、コモディティなどを対象とした幅広い商品を対象としているということが分かりましたが、インデックス投資はどのようなメリットがあるのでしょうか?インデックス投資の主なメリットは以下の通りです。

  • 手数料が比較的安い
  • アクティブ投資よりも安定している
  • 分散投資によるリスク回避

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

手数料が比較的安い

インデックス投資を行う際は、インデックス投信・ETFを買うことになりますが、その際の手数料は、アクティブ投資を行う場合よりも大幅に抑えることができます。

なぜ、手数料を抑えられるのかというと、インデックスは成績を日経平均やTOPIXといった市場の平均値に近づけることを目標とするものであるため、市場の平均値を上回る成績を目指すアクティブよりもコストを抑えられるためです。

運用管理コストや売買コストを安く抑えられるため、投資信託は、販売手数料が0円、信託報酬は年率0.12~0.7%程度となっています。

ETFは、信託報酬は年率0.1~0.5%程度に加え、売買手数料として上場株式を取引する際の手数料が同様にかかります。しかし、ネット証券会社によっては割引なども行っているため、手数料を比較的安く抑えることができるでしょう。

アクティブ投資よりも安定している

アクティブ投資では、市場の平均値を上回る必要があるため、掘り出し物の銘柄を探し出す必要があります。それらを実現するためには、企業調査などを行う必要があるため、無駄に人件費などのコストがかかってしまいます。

また、アクティブ投資では、運用結果を出すために銘柄を頻繁に入れ替える必要があるため、その分の売買手数料などのコストが大きくかかってしまいます。

市場平均値に近づけるインデックス投資よりも市場平均値を上回るアクティブ投資を選ぶ運用結果の方が期待できますが、上記のようなコストがネックで、運用結果を押さえつけてしまうため、インデックス投資の方が良い運用結果になりやすいと言えるでしょう。

分散投資によるリスク回避

分散投資とはどんな投資法でしょうか?例えば、「○○株式会社の銘柄を購入する」と1社だけに絞って購入するのは集中投資です。分散投資とは、「○○株式会社の銘柄と△△株式会社の銘柄を購入する」といったように、1つだけではなく複数に投資することです。

例えば、○○株式会社が上場してすぐの勢いのある企業で、株価も上昇傾向にあったものの、赤字転落を発表したとするとどうなるでしょうか?集中投資を行っていた場合は、損害を全て受けてしまうことになりますが、分散投資の場合は損害を半減できます。

インデックスは、インデックスの代表例でも取り上げたように、複数の企業の指数を参考にしているため、分散投資の1種と言えます。そのため、リスクを抑えながら安定した運用を期待できるでしょう。

インデックス投資のデメリットとは

インデックス投資には、比較的手数料を抑えられる、運用結果が安定している、分散投資でリスクを抑えられるといったメリットがありましたが、デメリットはあるのでしょうか?主なデメリットは以下の通りです。

  • トレーダーに振り回される可能性がある
  • リスクとともにリターンも低い

それぞれのデメリットについて見ていきましょう。

トレーダーに振り回される可能性がある

インデックス投資とは、インデックスに連動するように運用するため、それをトレーダーに利用されると、高く購入して安く売ることを繰り返すように誘導されてしまう場合があります。

また、いくら分散投資によるリスクが低いと言っても、バブル崩壊やリーマンショックなど、株価が大暴落した場合は、インデックス投資でも大きな損失を抱えてしまうリスクと隣り合わせであることは覚えておく必要があるでしょう。

リスクとともにリターンも低い

インデックス投資のような分散投資は、リスクが低くなる分、リターンも低くなってしまうということを覚えておく必要があります。

例えば、メリットの分散投資で触れたように、○○株式会社1社に集中している場合には、上方修正によって株価が20%上昇すればそのままの利益を得ることができます。

しかし、○○株式会社と△△株式会社に分散投資している場合には、保有株数が少ないため、リターンが低くなってしまうほか、△△株式会社が下がった場合には、利益を薄めてしまいます。

ハイリスク・ハイリターンを求める場合には集中投資、ローリスク・ローリターンを求める場合には分散投資と、運用を始める段階でどのような運用を行いたいのかハッキリさせておくことが重要と言えるでしょう。
リスクとともにリターンも低い

どのインデックスを選ぶかが重要

インデックスと一口に言っても、その種類は多岐にわたります。それぞれリターンの水準が異なっているため、まずはどのようなインデックスがあるのかを把握することが重要です。

しかし、どのようなインデックスがあるのかを把握すると言っても数百種類以上あるのでそれらを全て把握するのは不可能と言えます。

しかし、ある程度は証券会社の投資信託・ETFの人気ランキングで、どんなインデックスが人気を集めているのかを理解することが可能です。どんな運用成績で、どんな商品を含んでいるのか、メリットやデメリットなどを総合的に判断することが重要と言えるでしょう。

まとめ

インデックス投資とは、市場の平均値である指数に近づけるように運用を行うものですが、手数料もリスクも抑えられるほか、安定した運用結果が期待できるというメリットがあります。

しかし、リスクを抑えられるという反面、リターンが少なくなるほか、元本保証されているわけではないため、元本割れのリスクと隣り合わせにあるというデメリットがあります。

どのような資産運用を行うかをまだ決めていない場合は、インデックス投資のメリットとデメリットを総合的に考慮して、またインデックスと一口に言ってもその種類は数百種類あるため、それぞれのリスクをよく考慮してから始めましょう。

 
~プロフィール~
矢野翔一
関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。

おすすめの記事