保険には大きく分けて掛け捨て型と貯蓄型の2つのタイプがあり、貯蓄型の保険をうまく活用することで資産運用が可能です。
そこで今回は、保険で資産運用ができる理由や、資産運用に使える保険の種類、保険で資産を運用するメリット・デメリットについて詳しく解説します。

保険で資産運用が可能な理由とは

掛け捨て型の保険では保険料を掛け捨てて病気や災害などに備えるのに対し、貯蓄型の保険では保険料を積み立てていくことになります。貯蓄型の保険では、満期金や年金の形で払い込んだ保険料が戻ってきます。この金額が元本を上回っていれば資産の増加につながるため、資産運用のひとつとして活用が可能です。

貯蓄型の保険には、途中で解約することで戻ってくる解約払戻金が保険料の総額を超えるもの、保険料を元に保険会社が投資を行うもの、為替によって解約払戻金が増減するものなどさまざまな種類があります。保険で資産運用を行うなら、保険それぞれの特徴を把握し、自分に合った運用方法を模索することが大切です。

保険で資産運用が可能な理由とは

資産運用できる貯蓄型保険の種類

資産運用できる保険にはどのようなものがあるか、それぞれご紹介します。

終身保険

終身保険とは、解約しない限り保障が一生涯続く保険のことです。契約者が死亡した際には死亡保険金を、高度障害を負った際には高度障害保険金を受け取れます。

死亡保険金や高度障害保険金が受け取れる点は、定期保険と似ています。保険期間が一定で満期金がなく、掛け捨て型である定期保険に対し、終身保険では保障が一生涯続き、途中で解約した場合に解約払戻金が戻ってきます。

解約払戻金は契約時の年齢と経過年数に応じて変動し、一定の年数を越えると払い込んだ保険料より高くなります。そのため、解約払戻金が高くなった後に解約することで、資産の増加を狙えます。ただし、経過年数が少ない状態で解約すると解約払戻金が払い込んだ保険料より少なくなるため、資産運用に活用するなら損失が生まれないよう注意が必要です。

年金保険(個人年金保険)

個人年金保険は、主に老後の生活費の不足に備えるため、公的年金とは別に保険会社と個人で契約する保険です。

個人年金保険では、契約時に決めた年齢から年金を受け取ります。年金の受け取り方の種類は、年金の受け取り期間があらかじめ決まっている確定年金や、受け取り期間が一生涯続く終身年金などです。それぞれにおいて、資産運用に活用する際のポイントがあります。

確定年金で設定できる受け取り期間は、5年や10年、15年などです。確定年金の中には年金額が保険料の総額を上回るものがあり、それを利用すれば資産が増やせます。なお、確定年金は本人が死亡しても遺族が残りの年金を受け取れる仕組みになっており、家族がいる場合には払い込んだ保険料は無駄になりません。

終身年金は、死亡するまで年金を受け取れるタイプの年金保険です。保険料や年金額は主に平均寿命をもとに計算されているため、平均寿命以上に長生きすることで年金が保険料を上回り、資産の増加につながります。また、通常は死亡すれば年金の受け取りは止まりますが、保証期間内であれば遺族が残りの年金を受け取れるものもあります。

学資保険

学資保険は、子どもの教育資金や学費を貯めたり、補填したりする目的で活用される保険です。学資保険にはさまざまな特約をつけられる特徴があります。例えば、終身保険のように契約者(親)に万一のことがあった場合に年金を受け取れる育英年金特約や、子どもが病気やけがの際に程度に応じて保険金が支払われる医療特約などがあります。

学資金として受け取れるものは、満期になったらもらえる満期金と、小中高や大学などの進学時期にもらえる進学学資金(以下、「祝い金」)の2つです。それぞれ契約時に決定した時期にもらうことができます。なお、保険によっては祝い金がないタイプもあります。

保険によっては学資金が元本を超えるため、資産運用として活用できます。学資保険を資産運用として考えるなら、払い込んだ保険料に対していくらの保険金が返ってくるかという「返戻率」に注目しましょう。学資保険の傾向として、保険料を分割して祝い金として受け取るよりも、ずっと積み立てて満期金だけをもらった方が返戻率は高くなります。どのくらいの保険金が受け取れるかを計算して契約することで、効率のいい資産運用が可能です。

学資保険の返戻率は、保険料の払込期間によっても変化します。基本的には払込期間が短いと返戻率が高くなります。ただし、それに伴い月あたりに払い込む保険料も高くなる傾向があるので注意が必要です。

また保険によっては、保険料の支払いを月払い、半年払い、年払い、一時払いから選べるものがあります。まとめて払い込むと保険会社が保険料を運用しやすくなることから、月払いよりは半年払い、半年払いよりは年払いの方が払い込む保険料の総額は低くなる傾向があります。保険料を減らしたい場合には検討しましょう。

投資型年金保険(変額個人年金保険)

投資型年金保険とは、保険会社が保険料を株式や投資信託などに投資する保険のことです。上記までの保険と大きく違うのは、契約者が将来受け取る年金額や解約払戻金、死亡給付金が投資の運用実績によって増減するということです。このように払い込んだ保険料を保険会社が投資に運用する場合、これを「特別勘定」と呼び、増えても減ってもその結果は契約者に返ってくるということになります。これに対し、上記までの保険で払い込む保険料は「一般勘定」となり、運用結果によって減ることはありません。

このような特徴から、投資型返金保険は貯蓄よりも投資の側面が強い保険だといえます。資産運用として活用する際は、資産の減少も計算に入れることが必要です。

多くの投資型年金保険では、年金の受け取りが開始すると、払い込んだ保険料は特別勘定から一般勘定に移されます。この場合は運用による資産の増減が一般勘定に移される時点で確定し、ここから受け取る年金額が変動することはありません。一方、年金受け取りの開始後も特別勘定で運用するタイプもあります。この場合は引き続き運用による増減の影響を受けるため、年金額は実績により変動します。

年金の受け取りの主な形式は、確定年金、保証期間付終身年金、夫婦年金の3つです。確定年金では、契約時に定めた一定期間の間、年金を受け取れます。保証期間付終身年金では、保証期間内であれば契約者か遺族のどちらかが必ず年金を受け取れて、保証期間終了後も契約者が存命していれば受け取れます。夫婦年金では、夫婦のうちどちらかが存命していれば年金を受け取れます。

外貨建て保険(終身保険)

外貨で運用されるのが特徴の終身保険です。外貨が利用される理由は日本円と比べて金利が高いためで、主に使われる外貨には、米ドル(USドル)や豪ドルなどがあります。始めにご紹介した終身保険と同様に解約払戻金を利用した資産運用が可能ですが、外貨建て保険には為替リスクがあり、保険料の払い込み時と解約払戻金の受け取り時の両方で為替の影響を受けます。

払い込み方法は主に、毎月払いと全ての保険料を一括で支払う一時払いがあります。どちらも払い込み時の為替レートによって保険料が変動するのが基本です。毎月払いでは、毎月為替レートが変動していても通貨の購入数を調節できるため、リスクの平準化を図れます。一方、一時払いでは支払いが一度しかないため、円高の時期に加入するなどの対策が必要です。

解約払戻金の受け取り時には、為替レートが契約時の為替レートを下回って円高になった場合、元本割れを起こして損失を受ける可能性があります。ドルで受け取るタイプの保険であれば、円に換金せずにドルのまま受け取って円安になるのを待つか、海外での買い物や海外旅行に充てるような対処法で為替リスクの回避が可能です。

保険による資産運用のメリット・デメリット

上記にてご紹介した保険を資産運用に活用する場合は、以下にご紹介するメリットやデメリットを把握しておくことが大切です。

メリット

保険金が下りる

資産運用の手段としてだけではなく、保険としての機能もあることが他の資産運用方法にはないメリットです。契約内容に応じて、万が一のことが起きたときにはまとまった保険金を受け取ることができるため、もしものときの備えになります。

投資に慣れていない人でも手軽にできる

一度保険に登録すれば、毎月払いや年払いなど、設定された期日に口座から引き落とされるのが基本で、手間が掛かりません。
また、知識や経験がないと運用がしづらい投資とは違い、初心者であっても簡単に資産運用ができます。

節税・貯蓄になる

生命保険料や介護医療保険料、個人年金保険料を支払った際には生命保険料控除が受けられる制度があり、貯蓄型保険の多くもこれに含まれるため、控除による節税が可能です。2万円以下なら支払保険料等の全額など、年間の支払保険料等によって控除額が定められています。

また、貯蓄型保険はなかなか貯金が続かない人の資産運用方法としてもおすすめです。中長期的に貯蓄しようとしてもうまくいかない場合でも、保険に加入すれば毎月の支払方法を「自動的に銀行口座からの引き落とし」にできるため、貯蓄に手をつけることがなくなります。

ローリスクで気長に運用できる

一部を除き、保険は市場の変化によって結果が左右されることが少ない特徴があります。そのため、株式やFXなどの投資と比べてローリスクで資産運用ができます。

また、短期的な投資方法では頻繁に情報を収集しなければいけませんが、保険ならその苦労もなく、気長に運用できます。

デメリット

長期間の高い保険料が負担になることがある

貯蓄型保険は、一般的に掛け捨て保険と比べると保険料が高く設定されています。返戻率を高めたい場合、一回あたりの支払額を上げる必要があるためさらに高額になります。そのため、毎月の支払いが大きくなり負担になることもあります。長期間の加入が必須になっていることも、デメリットのひとつです。

契約前によく確認し、無理なく続けられるようにしましょう。

途中解約で元本割れすることがある

貯蓄型保険は、一定期間や満期まで契約を継続することで返戻率を上げられるタイプが主です。そのため、時期を満たす前に解約してしまうと返戻率が低く、元本割れすることがあります。長期で続けるためにも、保険料を払い込む期間と金額を確認し、余裕を持った計画を立てましょう。

他の投資と比べると利回りが良くないことがある

貯蓄型保険には保険としての役割もあるため、他の投資と比べると利回りは低く設定されています。本格的な資産運用を目指すのであれば、株式投資や投資信託、ソーシャルレンディングなど、他の投資と組み合わせて運用しましょう。

保険による資産運用のメリット・デメリット

貯蓄型保険を活用し、資産運用を始めよう

貯蓄型保険の中には、終身保険や個人年金保険、学資保険、投資型年金保険、外貨建て保険など、資産運用が可能なものがいくつもあります。保険として将来に備えつつ、投資の知識がなくても気軽に資産運用ができるため、まずはローリスクで資産運用を始めてみたい方におすすめです。

一方で、保険には資産が増えづらいという特徴があります。資産をより増やしたいのであれば、株式投資やソーシャルレンディングなど、別の投資方法を組み合わせるのがおすすめです。自分に向いているか、無理なく運用できるかを考慮した上で、手堅く資産運用を行いましょう。

おすすめの記事