■被写体の人物はストックフォトモデルです。撮影許諾を得ています。【モデルリリース:取得済み】

投資マーケットのなかでも急成長を遂げ、投資家の注目を集めているのが、ソーシャルレンディングです。ここでは、ソーシャルレンディングが発展してきた理由を解説しながら、現在のマーケットの成長規模と、今後の成長予測についてご紹介します。

ソーシャルレンディングマーケットの成長規模

ソーシャルレンディングの大まかな歴史と、成長を遂げられた理由、そして現在のマーケット規模について紹介します。

ソーシャルレンディングの歴史

ソーシャルレンディングは、イギリスで2002年に開始された「VirginMoney」というサービスが原型です。当時のサービスは知り合い同士の融資に特化したもので、現在知られているものとは、かなり異なったものでした。その後、2005年にイギリスで本格的なソーシャルレンディングである「Zopa」が開始されています。そして2006年には、現在世界最大のソーシャルレンディングマーケットであるアメリカで、初のサービスである「Prosper」が開始されました。

日本国内では2008年に「maneo」のサービスが開始し、2009年には「Aqush」、2011年には「SBIソーシャルレンディング」が登場し、その後も新規事業者の参入が相次いでいます。元々は、個人向けサービスとして始まっただけあり、世界全体のソーシャルレンディングは個人向け融資が主流です。しかし、日本では消費者向け金融サービスが数多く展開していることから、企業向けの融資が主流となっています。

ソーシャルレンディングマーケット成長理由

1.フィンテックの発達

フィンテック(FinTech)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語です。ITを使った新たな金融サービス・テクノロジーのことを指しており、IT技術の発展により、企業用の会計用ソフトや家計簿用ソフト、電子決済など、仕事からプライベートまで浸透しています。インターネット上で投資家から融資用の資金を集めるソーシャルレンディングも、このフィンテックの一種です。

旧来の技術や制度では、個人投資家から資金を集めるのには、手間や時間がかかりコストも高いものでした。しかし、IT技術の発展により、効率的なサービスの提供ができるようになり、利用しやすい金融サービスであるソーシャルレンディングが生まれ、さらなる成長を続けています。

2.シェアリングエコノミーの広がり

ソーシャルレンディングはフィンテックだけではなく、「シェアリングエコノミー」という分野の一種でもあります。シェアリングエコノミーとは、モノやカネ、サービスなどを共有したり、貸し借りしたりする仕組みのことです。ソーシャルレンディングの他には、カーシェアリング、民泊などがこれに含まれます。インターネットの発展により、リアルタイムでの情報共有ができるようになったことで、所有するのではなく共有して利用する仕組みも発展してきました。

シェアリングエコノミーマーケットの成長は著しく、矢野経済研究所の調査結果では2017年度で716億6千万円で、2018年度では824億7千万に成長する見込みです。このようにシェアリングエコノミー全体が発展していることが、ソーシャルレンディングへの追い風になっています。

参考:シェアリングエコノミー(共有経済)サービス市場に関する調査を実施(2018年) | 矢野経済研究所

 

3.リーマンショックによる融資の厳格化

ソーシャルレンディングマーケットが急成長を遂げたのは、2009年に発生したリーマンショックも一因です。大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営破綻により、金融業界全体の融資基準が厳格化し、それまでの基準なら問題なく審査が通った個人や企業でも融資を受けられなくなってしまいました。こうした状況下で、新たな借入元として注目を集め始めたのが、ソーシャルレンディングです。

ソーシャルレンディングは、借り手の立場から見ると金利が高いことがデメリットですが、多額の融資が中心で審査が通りづらく時間もかかる既存の金融機関に対して、小額の融資にも対応しやすく基準が柔軟で審査が早いというメリットがあります。こうした金融状況と、ソーシャルレンディングの特徴が合致し、十分な返済能力がある借り手を集められたことがマーケットのせい緒につながりました。

4.大手上場企業も参入している

大手上場企業の傘下が参入していることも、マーケットの成長に拍車をかけた理由です。これまでの仕組みとは異なった融資を可能とするソーシャルレンディングには、新興の企業も多くあります。しかし、既存の大手企業が出資している事業者も多く、それらの企業への信頼からソーシャルレンディングへの投資を決めた個人投資家も多いという次第です。代表例としては、SBI証券のグループ会社である「SBIソーシャルレンディング」や、伊藤忠商事から出資を受けている「クラウドクレジット」などの事業者が挙げられます。

現在のソーシャルレンディングマーケット

国内ソーシャルレンディングマーケットは、誕生から現在に至るまで順調な成長を遂げています。株式会社クラウドポートが2018年上半期に発表した調査結果によると、2014年時点の規模は143億円でした。

その後、2015年には310億円、2016年には553億円、そして2017年では1,000億円の大台に乗り、1,316億円を超える規模にまで成長しています。さらに2018年3月には、単月では過去最高の202億円の規模を達成しています。新規参入する事業者も多く、2018年現在では20社以上のソーシャルレンディング事業者が営業中です。さらに、ソーシャルレンディングは国外でも、大規模な成長を遂げています。

参考:ソーシャルレンディング各社を横断比較 – CROWDPORT (クラウドポート)

 

タブレット端末を操作する男性

その他の金融マーケットの成長・動向

ソーシャルレンディングマーケットと比較するために、金融マーケット全体の動向と、各投資マーケットの動向について紹介します。

金融マーケット全体の動向

世界の金融経済はリーマンショック以降、ゆるやかな回復傾向です。2019年も同様の局面が続くと予想されていますが、その一方でリスク要因の増加も懸念されています。SMBC日興証券の予測では、日欧米で金融政策の方向性が異なり協調が困難であることや、異常気象によるリスク、国内外での選挙動向など政治情勢の変化が、主なリスク要因です。好調といえる経済事情ですが、大きな変動が起きる可能性もあるため今後の動向を見据えて、堅調な投資先を選ぶ必要があります。

各マーケットの動向

ソーシャルレンディング以外の、各マーケットの現状と動向も確認しておきましょう。国債マーケットは、グローバル経済の低成長・低インフレの影響で、低金利が続くものと予想されています。

株式投資や投資信託マーケットでは、米国株が底堅さを維持していますが、貿易摩擦の懸念などから大幅な上昇は期待しにくく、ゆるやかに上昇する見込みです。日本株は国内の政治・経済の動向が不透明であることから値が上がりづらいものの、IoTやAI関連の発展を支える半導体関連などの分野で成長が期待されています。

道路の上を走る光線

今後のソーシャルレンディングマーケットの動向は?

これまで順調な成長を続けてきたソーシャルレンディングマーケットですが、今後の成長は期待できるのでしょうか。最後に、今後の成長予測と注目していきたい課題について紹介します。

ソーシャルレンディングの成長予測

富士キメラ総研が実施したスマートペイメントに関する調査結果では、2019年度のソーシャルレンディングマーケットは、3,150円規模へ成長すると予測しています。さらに2022年には、9,000億円規模まで成長するとの予測であり、引き続き順調な成長が期待されています。

また、矢野経済研究所の調査結果でも、シャアリングエコノミーサービスの成長により、ソーシャルレンディングマーケットは堅調に成長するとの予測です。これらの調査結果から、ソーシャルレンディングは今後も着実な成長を続けていくことが期待できます。その一方で投資家にとって注意しておくべき課題も残されているため、今後の動向を見ておく必要があります。

参考:プレスリリース:『次世代カード/スマートペイメント関連ビジネス市場調査要覧 2018』

参考:シェアリングエコノミー(共有経済)サービス市場に関する調査を実施(2018年) | 矢野経済研究所

投資家が注目すべき課題とは?

ソーシャルレンディングマーケットは堅調な成長を続ける一方で、投資方法のなかでは歴史が浅いこともあり、いくつかの課題を抱えています。特に大きな課題は、ソーシャルレンディングに関する統一的なルールが定まっていないことです。そのため事業者間で法的なリスクに関する認識に差があり、2017年度から2018年度にかけて複数の事業者に行政処分が下されています。直近の代表例は、「ラッキーバンク」の資金転用問題です。企業への融資用として投資家から募った資金が、同社の代表者および親族が経営に参加する企業の運転資金に流用していました。

さらに売上を改ざんして審査に通りやすくしたり、担保として正式な不動産価格評価ではない価格を掲載したりといった不正も発覚しています。この他にも、2017年にはクラウドバンクがキャンペーンの還元遅れで処分を下されています。2015年の行政処分に続いて2度目の行政処分ですが重大な問題ではなかったため、業務停止には及びませんでした。問題が発生する一方で、業界内外でリスク管理の重要さが認識が高まってきており、融資先企業の情報匿名化を撤廃するとの報道が行われるなど、ルールの改善が進んでいます。こうした問題を乗り越え、安全な投資を行うためには、投資家も信頼できる事業者を見分けることが必要です。事業者の運用実績や担保の評価額の正確さ、企業の信頼度など複数の視点から評価を行いましょう。

成長を続けるソーシャルレンディングに注目

ソーシャルレンディングマーケットの成長は著しく、今後も大きな発展が期待できます。その一方で、金融マーケット全体の変動や、法的な整備など、注目すべき課題が多いことも事実です。安定した投資を行うために、今後も成長を続けるソーシャルレンディングマーケットの動向に注目してみてください。

おすすめの記事