SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権の全部又は一部について、合計552,000,000円を回収したとの発表があった。

延滞債権を債権回収会社に売却したとのことですが、その理由は「担保不動産の任意売却による利息等含む元本相当額以上での回収に尽力してまいりましたが、今回、債権回収会社から元本相当額での買取りの提案を受け、回収期間の短縮により延滞債権の回収リスクを大幅に払拭できること、及びお客様からご出資いただいた元本相当額を確保できることから、当該提案に応じることが最善と判断いたしました。」とのコメントがありました。

おすすめの記事