SBIソーシャルレンディングは、2018年11月末におけるソーシャルレンディング事業での融資残高が307億円となったと発表した。残高ベースではソーシャルレンディング業界トップクラスの実績です。 

ソーシャルレンディング業界は、「累計融資額」や「成立ローン額」などの過去融資実績を公表している事業者が多い中で、SBIソーシャルレンディングは「融資残高」の実績を重要視しているようです。なぜなら、「累計融資額」が事業者の短期融資の繰り返し(借換え融資)や事業開始時期などにも影響される過去実績の指標なのに対し、「融資残高」は現時点における借手に対して応えた資金需要の規模と、投資家に対して提供している投資機会の規模を表す指標と考えているからとの事です。

おすすめの記事