ソーシャルレンディングは、新しい投資の手法として注目されています。内容はWeb上で投資家から資金を集めてその資金を企業に融資し、返済金を分配するという「貸したい人と借りたい企業のためのマッチングサービス」です。
まだ歴史の浅い投資手法ですが、初心者でも比較的始めやすいと言われています。ここでは、そうしたソーシャルレンディングの特徴や始め方について解説していきます。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングは、融資型もしくは投資型のクラウドファンディングとも呼ばれる投資手法です。資金運用を始めたい投資家から資金を集め、融資を受けたい企業に貸付するサービスとなります。

投資家 投資→ ソーシャルレンディング事業者 借入→ 借手
←配当・分配 ←返済

個人が直接、資金を貸す場合、賃金業者という扱いになるため、賃金業登録が必要となります。一方で、不特定多数の投資家から資金を集め、企業への貸付を仲介するためには匿名組合契約を行う必要があり、そのためには第二種金融商品取引業の登録も必要となります。

登録にはどちらも資産や責任者・コンプライアンス担当者などを揃えなければならず、ハードルが高いため、ソーシャルレンディング事業者を選ぶ際の目安になるかもしれません。

ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングでは投資家とソーシャルレンディング事業者が匿名組合契約を結ぶことで、賃金業法に違反することを防止しています。先程説明したとおり、個人が企業に資金を貸す場合は賃金業登録が必要です。匿名組合契約では、投資家からは出資する企業がわからないようになり、借手となる企業からは出資者の匿名性が保たれる仕組みです。

投資家の役割

投資家は資金をソーシャルレンディング事業者に投じて分配金を得ます。仕組み上、融資になるため元本は運用最終月(償還月)にまとめて返済されます。

投資金の運用はソーシャルレンディング事業者が行うため、運用内容に口を出すことはできません。投資家はホームページに記載される、運用内容や利回り、リスクを確認して投資先ファンドを選びます。

借り手の役割

借り手となる企業はソーシャルレンディング事業者に用途と希望資金を申請します。もちろんすべての企業が融資を受けられるわけではありません。貸し倒れが発生しないように、ソーシャルレンディング事業者の審査を通る必要があります。

また、ソーシャルレンディングで案件を公開する際には、具体的な社名はふせられています。ただし、ソーシャルレンディング自体がまだ歴史の浅い投資のため、法整備が徐々に進んでいます。その中で、投資家に融資先を開示する動きもあるようです。

参考:貸付型クラウドファンディング、投資家に融資先開示  :日本経済新聞

利益がでる仕組み

資金の流れの例としては、借手となる企業に8%の金利で融資を行い、そのうち5%分をソーシャルレンディング事業者の手数料として取得、投資家には3%の利回りが配当されるといった流れです。

利回りの計算式は「貸出金利-営業者報酬(手数料)=利回り」となります。利回りは一律ではなく、約3%~10%前後の分配金を受けることができます。

参考記事:ソーシャルレンディングに必要なコストと上手に節約する方法

ソーシャルレンディングの特徴

資金を集められたとしても借手がいなくては、金利で資金を増やすことができません。そのため、ソーシャルレンディングでは、資金を出す投資家はもちろん、借手となる企業にもメリットがあります。双方のメリットを理解して、ソーシャルレンディングの価値を見極めましょう。

投資家のメリット

利回りが魅力

ソーシャルレンディングは年利換算で、約3%~10%の分配金が受け取れます。手数料を差し引いても10%もの分配金が受け取れるのは、それ以上に企業への貸出金利が高く設定されているためです。

企業に9%~15%程度の貸出金利で融資を行うことで、ソーシャルレンディング事業者が5%手数料を引いても投資家への利回りは高いまま維持できます。

株式市場に影響されない安定性

ソーシャルレンディングは、FXや株式投資のように予備知識を必要としません。為替取引のように日々価格が変動することがないので、常に情報を仕入れる必要がないのです。なので、投資経験のない方でも比較的入りやすい投資手法と言えるかもしれません。

手間がかからない

価格の変動がないため、ソーシャルレンディングでは一度投資をすると運用期間が終わるまで特にすることがありません。ソーシャルレンディング事業者に預けておくと、自分でお金を動かさなくても毎月、借手からの返済金が分配されます。

少額運用が可能

ソーシャルレンディング事業者によっては、1万円からの少額運用が可能です。まずは流れを見てみたい、試してみたいという方も資金を貯める必要なくスタートできるでしょう。仮に失敗したとしても、少額運用であれば被害も抑えられます。

中小企業のメリット

貸金事業者と比べコストを抑えられる

起業してあまり年数の経っていない企業は、利益率が良くても銀行の融資基準を満たせないケースもあります。そうなると、信販会社などのノンバンクから高金利で融資を受けることもあるでしょう。金利が高いほど利益率は減少してしまいます。

一方でソーシャルレンディングでは、ノンバンクと比べ金利は低く設定されており、コストを抑えられます。銀行の融資基準を満たせなくても、ノンバンクより低金利で借入ることができるのです。

銀行よりも融資審査が早い

銀行の融資審査は、だいたい1ケ月前後かかります。ソーシャルレンディングの場合は融資実行まで数日と、素早い対応をしてくれます。融資の審査が銀行よりも比較的緩いこともあり、設備投資などで短期資金が不足している場合は、ソーシャルレンディングの利便性は魅力的と言えるでしょう。

ソーシャルレンディングの注意点

投資である以上メリットだけでなく、当然リスクや注意点も存在します。そういったデメリットについてもしっかりと把握しておきましょう。

貸倒れのリスクがある

ソーシャルレンディングは原本保証ではありません。そのため、ソーシャルレンディング事業者を通して融資した資金が、借手企業の事業不振などが理由で貸倒れとなるリスクがあります。

ソーシャルレンディング事業者も資金が回収できないと利益に繋がらないため、審査や回収については慎重に行っています。投資家としてリスクを避けるためにも、事業者やファンド選びの際に実績を確認しておくと良いでしょう。ファンドの中には不動産などを担保として貸倒れリスクを軽減させる案件もありますので、不安な方はそういった案件から手をつけてみるのもいいかもしれません。

具体的な投資先がわからず指示もできない

ソーシャルレンディングでは匿名組合契約となるため、資金の運用先が不透明になります。投資家の方で指示を出すことはできません。そのため、利回りはソーシャルレンディング事業者の能力次第となります。

お金の流動率が悪い

運用期間となる数ヶ月~数年は、資金が拘束されることになります。運用期間1年の案件に投資すると、その期間は自分の資金であっても引き出すことはできません。これは、償還を満期までに行えず返済遅延が起こった場合も同様です。貸倒れと違い、将来的に元本を償還する前提となりますが、すぐに資金を充填できるわけではないので、生活資金をつぎ込むことはしないようにしましょう。

ソーシャルレンディングを始める方法

メリット、デメリットを理解した上でソーシャルレンディングを始めるために、口座開設の準備から実際に投資するまでの流れを解説していきます。

口座開設までの流れ

ソーシャルレンディング事業者に登録

ソーシャルレンディングを始めるためには、まず口座の解説が必要となります。利用したいソーシャルレンディング事業者を確認し、Webサイトから登録フォームに必要情報を入力してください。投資用のマイページを作成するために必要なメールアドレス、ログインIDやパスワードなどを入力します。その後、本人確認をするための書類の提出が求められます。提出はWebに画像をアップロードするケースがほとんどです。FAXや郵送でも対応している場合もあるので、事業者の指示に従ってください。

ソーシャルレンディング事業者による審査

本人確認書類を提出後、ソーシャルレンディング事業者による審査が行われます。各事業者は口座開設の年齢制限が設けられているため、基準から外れた方は開設ができません。基本的にどの事業者も20歳以上を設定しており、75歳未満や80歳未満といった上限を設けているケースもあります。
その他の詳細な審査基準に関しては公開されていませんが、年収や資産が要因となり、審査に通らない場合があるようです。

確認キーの入力

審査に通ると、本人確認書類の提出から1週間ほどで口座開設の完了を通知するはがきが発送されます。はがきにはマイページの利用に必要な「ご本人様確認キー」が記載されているので、そちらを入力することで、口座開設は完了です。

取引開始までの流れ

まず、各ファンドの情報を確認し、出資するファンドを決定します。匿名組合契約となるため、融資先が具体的にどの企業かについてはわかりません。しかし、大まかな運用先や使用目的で確認することは可能です。ファンドごとの予定年間利回りや運用期間なども掲載されているので、情報を確認して出資するファンドを決定してください。

出資申込

出資するファンドを決めたら、出資申込フォームで出資金額を入力します。ファンドの内容と出資金額の再確認が行われた後、契約について重要な事項を確認する画面、もしくは書面のダウンロードが行われます。重要事項を読み、内容に同意した上で、出資内容を確定してください。

出資金の送金

申込後、ソーシャルレンディング事業者指定の投資家用口座に送金を行います。送金手数料は投資家負担です。出資申込をせず送金した場合、ほとんどの事業者で預金業務を行っていないため、返金されてしまいます。また、各ファンドには入金期限が設けられているので、期限までに入金されなかった場合は出資申込がキャンセルとなるため注意が必要です。出資金の送金がソーシャルレンディング事業者に確認されると、取引の手続きは完了です。

ソーシャルレンディングのコツ

投資では利益がでることもあれば、損失がでることもあります。ソーシャルレンディングは事前知識のない初心者でも始めやすい投資手法ですが、リスク回避の方法や運用のコツは知っておいた方が良いと思います。そこで、気をつけておきたい点についてもご紹介します。

分散投資でリスクを軽減する

特定のファンドに集中して投資していた場合、貸倒れが起きると被害が大きくなります。そのため、投資先を分散させて投資を行いましょう。ソーシャルレンディングではファンド先を分けるのはもちろん、ファンドのテーマを分ける分散方法も行えます。同じテーマ・業種で複数のファンドが用意されていることもあるので、分散投資を行うことで特定の業種が不況になった際にも貸倒れの被害を軽減可能です。

複利運用で利益を出す

資金運用によって得られた利益を再投資の資金とすることで、どんどん利益を拡大する手法を複利運用といいます。投資に使える資金が増えるため、続けていると同じ利回りでもどんどん投資資金・収益が増加します。複利運用を意識して、得られた利益をすぐに使わず投資にあてることも検討してください。

資金を遊ばせない

リスクの低い、もしくは、利回りの良い人気のファンドは、投資家が殺到して短時間で募集を締め切る場合があります。このような好条件の案件はぜひ狙いたいものですが、それだけを狙っていると資金を使えずに遊ばせてしまうことになります。投資予定の資金は、できる限り間を空けずに投資することで、先程ご紹介した複利運用がしやすくなるため、人気案件にとらわれずに運用できる体制を検討しましょう。

貸したい人と借りたい企業を繋げる投資の形

ソーシャルレンディングは、資金を貸したい投資家と借りたい企業を繋げる投資の方法です。投資である以上、メリットだけでなくデメリットも存在しますが、最近では不動産を担保にして投資家のリスクを軽減している案件も増えてきています。1口1万円からの資金運用も可能なので、まずはリスクの低そうな案件に少額から投資を始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事