最近ではソーシャルレンディングという言葉も徐々に聞かれるようになってきました。これまで、株式投資やFXで資産運用を試みてきたけれど、どれも思ったように軌道に乗らなかったという経験のある方は少なくないでしょう。株価の動向を日中も気にしながら過ごすのは長続きしませんし、もう少し時間をかけずに安定的に収益をあげたい、というのは誰もが考えることです。

このような方におすすめなのが、今、話題のソーシャルレンディングです。今回は、人気のソーシャルレンディングサービスを5社ピックアップして、それぞれの特徴を徹底的に調査しました。最小投資額や運用期間などを参考に、自分に合ったソーシャルレンディングサービスを見つけてみてください。

ソーシャルレンディングについて

ソーシャルレンディングとは

初心者の方にも分かりやすいように、始めにソーシャルレンディングについておさらいしておきましょう。

ソーシャルレンディングとは、クラウドファンディングの一種で、貸付型クラウドファンディングとも呼ばれています。簡単に言うと、お金を借りたい会社と、資産運用したい人をマッチングするサービスのことです。
2014年の日本国内での市場規模は143億円でしたが、2017年には1,316億円と、わずか3年で10倍近く成長している、今、最も勢いのある金融商品です。

仕組み

ソーシャルレンディングの仕組みは、いたってシンプル。個人の投資家からお金を集め、集めたお金を企業や不動産事業などに貸付し、その利息を投資家に分配するというシステムです。

リスクと特徴

金融商品にはリスクがつきものですが、ソーシャルレンディングは「ミドルリスク、ミドルリターン」と言われています。短期間で大きな収益をあげることはできませんが、比較的安全性が高く、初心者にも向いている投資方法だと言えるでしょう。

特徴として、株式投資や銀行の定期預金などに比べて利回りが高く、5%を超えることが多いです。しかし、貸付先が返済不能となり、貸し倒れになるリスクもゼロではありません。

貸し倒れにならないためには、担保や保証が設定されているかどうかの確認が非常に重要です。不動産を担保としていれば、不動産の売却により投資額の全て又は一部が返済されるので、リスクは最小限に抑えられます。

初心者でも元本保証なら安心?元本が保証されている資産運用とは

女性

ソーシャルレンディングにかかる手数料について

ソーシャルレンディングでは手数料の無料を掲げる事業者が多い

ソーシャルレンディングでは、各種手数料が無料にしている事業会社が多い傾向にあります。

各種手数料とは口座の開設や、口座の維持に関する手数料、株式取引、投資信託、FXの投資商品購入手数料なども無料です。

 

投資家の手数料が無料になる理由には、ソーシャルレンディングという投資方法には運営する事業者と別に融資先があることが関係しています。口座開設や口座維持で発生する諸々の手数料は、融資先から徴収してまかなっている事業者が多いため、投資家側が手数料を負担する状況が少ないのです。

 

ただし、ソーシャルレンディングを運営する事業者も利益が生まれなくては、企業活動が成り立ちません。投資家と融資先とを仲介する取引で間接的に利益を徴収する仕組みが別にあることは理解しておいてください。

 

ソーシャルレンディングを利用する中で具体的にどのような出費が必要になるのか、コストを削減するための工夫について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ソーシャルレンディングの必要経費/仕組みを理解し上手にコスト削減

ソーシャルレンディングで投資家側にかかる各種手数料

実際のところソーシャルレンディングする上で、投資家側は間接的に信託報酬や運用手数料にあたる手数料を負担しています。ソーシャルレンディングにおいて、投資家側がこれらの手数料を分配金から負担することはありません。ただし、融資金利と、投資家が得る利回りの差額で間接的に負担しているともみなせます。

 

例えば運営会社が5%の利回りで投資家から集められた資金が、融資先に金利8%で貸し付けられた場合、その差分にあたる3%は運営会社の利益となります。

 

また、事業者が利用している銀行口座によって異なりますが、投資口座の振り込みにかかる手数料や出金手数料も投資家側が負担する場合があります。実際にソーシャルレンディング事業者を探す際は、どのような手数料を負担しなければならないのか、またどの程度の金額が発生するのかを比較して選びましょう。

ソーシャルレンディング事業者12社別 手数料一覧表

事業者

運用手数料

出金手数料

1.SBIソーシャルレンディング

ファンドによって異なる

無料

2.maneo

無料

投資家の負担(取り扱う銀行で異なる)

3.ラッキーバンク

無料

無料

4.クラウドクレジット

ファンドによって異なる

1回無料(2回目以降は756円)

5.トラストレンディング

無料

無料

6.オーナーズブック

無料

一律324

7.クラウドバンク

無料

日本円:無料

米ドル:4,000円(みずほ銀行)

8.ポケットファンディング

無料

投資家が負担(みずほ銀行)

9.クラウドリアルティ

2.0%

投資家が負担(分配金受け取り手数料は無料)

10.SAMURAI

無料

無料

11.LENDEX

無料

無料

12.TATERU FUNDING

無料

無料

※すべての事業者において入金手数料は投資家側の負担となります。

※ラッキーバンクは2019年3月14日に行政処分の対象となっています。

1.SBIソーシャルレンディング

01.SBIソーシャルレンディング

概要

SBIソーシャルレンディングは、銀行やFXなど数多くの金融機関の事業を展開するSBIグループに属するソーシャルレンディングサービスです。

2011年からソーシャルレンディング事業をスタートし、成立ローン額は390億円超とソーシャルレンディング業界第2位の実績を持っています。

 

ソーシャルレンディングの運営会社は全体的に歴史が浅く、信用度に不安が残りますが、SBIグループに属しているSBIソーシャルレンディングは、資本の安定性やコンプライアンスなどの会社の信頼性が高いことが特徴です。

 

また、不定期で投資家にメリットのあるキャンペーンを行なっています。過去には、一定の期間に投資した金額の2%をキャッシュバックする、という「キャッシュバックキャンペーン」や、投資家登録とメルマガ購読で、現金や電子マネーに換金できるSBIポイントがもらえるキャンペーンもありました。不定期のため頻繁には実施していませんが、ノーリスクで現金を増やせるチャンスなのでこまめにサイトをチェックするのがおすすめです。

 

利益は毎月分配され、運用期間が終わった後に投資元本が一括で返済されます。

最小投資額

1万円から投資可能。若者や初心者でも気軽に始められるのが魅力です。

予定利回り

3.2~10%と、他社サービスと比べると高くはありませんが、信頼できるサービスで手堅く収益をあげたい人には根強い人気があります。

運用期間

主に12カ月以上の案件が多いです。

手数料

手数料は無料のため、少ない利益でも他社の案件に回して分散投資が可能です。

2.maneo

maneo

概要

maneoは、ソーシャルレンディングの国内シェア50%の最大手です。日本国内最初のソーシャルレンディングサービスで、2008年よりサービスが開始されました。これからソーシャルレンディングを始めるなら迷わず押さえておきたいサービスです。

maneoは2016年に、GMOクリック証券と資本業務提携を結んでいます。その他、VOYAGE VENTURESSMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合といったベンチャーキャピタルからも投資を受けています。会員登録すると、提携している複数のソーシャルレンディングサービスの口座開設が可能になります。案件の種類も多く、レギュラーからダイアモンドまで5段階に分かれる会員ステータスによって限定のファンドも用意されています。

 

一部案件には担保や保証が設定されており、借り手企業の代表者や借り手企業の親会社が連携して保証する場合など様々です。ただし、担保割れが起きたり保証人が債務不履行となったりした場合は、投資家が損失を被る可能性もありますので注意が必要です。

※2018年7月13日に業務改善命令が出されたため、今後の動向には注意。

最小投資額

2万円から可能ですが、多くの案件は4万円程度からの募集となっています。

予定利回り

5~9

運用期間

2~36カ月となっていますが、20カ月までの案件がメインです。

手数料

maneoの口座に入出金する際には、投資家負担の手数料が発生します。口座管理が三菱東京UFJ銀行ですので、同銀行の口座を持っていれば手数料を節約できます。

3.ラッキーバンク

03.Lucky Bank

概要

ラッキーバンクは、融資対象を不動産に特化した、日本で初めての不動産事業向けソーシャルレンディングサービスです。2014年スタートの若い会社ですが、2016年の1年間で累計調達額が30億円から70億円と2倍以上増加しており、今最も勢いのあるソーシャルレンディングサービスとして人気です。

 

全ての案件に不動産の担保が設定されている「不動産担保ローンファンド」となっています。そのため、貸し倒れのリスクを抑えながら効果的に投資が行なえます。

さらに、それらの担保となる不動産は、立地条件などの一定の基準を満たしており、保全性が高いと言えます。多くの案件が東京都心の不動産開発プロジェクトであり、抵当となっている不動産も、ラッキーバンクが第一順位の抵当を設定しているものも多いため担保としては非常に信頼がおけます。

 

ラッキーバンクは、全案件のうち9割近くの案件が募集開始から1時間以内に満額の応募があり、すぐに募集が締め切られるほど人気です。タイミングを逃して応募しそびれたとしても、多額の融資を複数回の募集に分けて、2次募集、3次募集という風にお金を集めることも多いので、諦めずにチェックすると良いでしょう。

※2018年629日に業務改善報告書が提出されているため、今後の動向には注意。

※ラッキーバンクは2019年3月14日に行政処分の対象となっています。

参考:ラッキーバンク・インベストメント株式会社に対する行政処分について:財務省関東財務局

最小投資額

2万円から可能ですが、概ね7万円以上の募集がメインです。

予定利回り

6~10%(平均利回り9%)と、業界平均に比べて高利回りです。

運用期間

最長36カ月と他のソーシャルレンディングサービスに比べて長めとなっています。

手数料

手数料は無料のため、少ない利益でも高い利回りを維持できます。

4.クラウドクレジット

08.クラウドクレジット

概要

日本の投資家と世界の資金不足に悩む国を繋ぐ、新興国向けソーシャルレンディングサービスです。先に紹介したmaneoやラッキーバンクは国内企業を融資先の対象としていますので、他社とは一線を画したスタイルと言えます。

ペルー、ブラジル、チリ、コロンビア、メキシコ、南アフリカ、エストニア、スロバキア、フィンランドなどに貸付を行なっています。

 

最大の特徴は、他のソーシャルレンディングに比べて高利回りが期待できる点です。もちろん利回りは変動することもありますし、その分、リスクも高いという懸念はありますが、利益面を重視した投資家や比較的ソーシャルレンディングに慣れている投資家には嬉しい環境でしょう。

 

クラウドクレジットは、このページでご紹介しているソーシャルレンディングサービスで唯一、満期一括返済を採用しています。満期一括返済とは、投資元本と、リターン分配が運用期間終了後にまとめて償還される方法です。毎月分配された金額を再投資する手間がかからないというメリットがありますが、毎月分配の方が安心できるという人は、他社のソーシャルレンディングサービスがおすすめです。

 

クラウドクレジットはよく「担保がないからリスクが高い」、と思われていますが、「実物資産の買い戻し」によって、日本の不動産担保と同じような効果を得られるのでそこまで心配する必要はありません。

最小投資額

1万円から投資できます。分散投資目的にも使い勝手のいいサービスです。

予定利回り

6~14.6%(概ね10%前後を期待利回りとしています。)

注意点として、為替リスクにより現地通貨では予定通りの利回りだったのに、円高の進行によりマイナスの利回りになることもあり得ます。逆に、円安が進行すれば、期待利回り以上の利益を得ることも可能です。

運用期間

7~48カ月と長めです。

手数料

手数料は投資家負担ですが、出金手数料は月1回まで無料です。月2回目以降は756円の出金手数料がかかります。

5.トラストレンディング

11.トラストレンディング

概要

トラストレンディングは、日本国内の不動産を担保としたローンファンドを中心に扱っています。ソーシャルレンディングは2015年からスタートしていますが、それ以前の2004年から不動産や債券を担保に企業への融資を行っており、その実績から審査や運用には信頼がおけるソーシャルレンディングサービスです。

 

営業者報酬を抑えて、より多くの利益を投資家に還元している点が魅力的です。借り手企業への貸出利息と、トラストレンディングの手数料にあたる営業者報酬の取得率を明記しており、投資家からの信用度は高いと言えます。

 

その人気を裏づけるように、多くの案件が募集開始から数分~数十分で満額となり募集が終了してしまいます。Twitterなどで案件の募集状況を常にチェックしておくことをおすすめします。

 

また、担保不動産は一等地の案件を設定しているので貸し倒れのリスクも低いです。実際に、トラストレンディングはサービス開始以来、貸し倒れ実績がありません。

ソーシャルレンディングサービスでは、一般的な預託口座がないため不便という意見もあります。しかし、サービス会社が万が一倒産しても資金を失う恐れがないので、見方によってはメリットとも取れます。

最小投資額

10万円からと比較的高め。

予定利回り

6~10%となっていますが、中には14%の高利回り案件もあります。

運用期間

3~24カ月と幅広いですが、案件数自体が少ないので希望にあった条件は見つけにくい傾向にあります。

手数料

出金手数料は発生しません。投資用資金を銀行口座から振り込む際の入金手数料のみ投資家負担です。

6.オーナーズブック

06.オーナーズブック

概要

オーナーズブックは運営会社が上場したことも手伝い、より一層の人気が高まっているソーシャルレンディングサービスです。利回りが若干低めですが、安全性がある不動産の投資を扱っている点で、幅広い投資家から支持を得ています。

最小投資額

一口1万円から投資できる。

予定利回り

年利で4.06.0%が中心です。

運用期間

主に1224か月以上の案件を扱っています。

手数料

一律324円の出金手数料が発生します。

 

7.クラウドバンク

07.クラウドバンク

 

概要

クラウドバンクは、日本クラウド証券が運営するソーシャルレンディングサービスです。幅広い分野のファンドを扱っており、再生可能エネルギー事業、不動産担保型、中小企業支援型ファンドといった案件に投資できます。扱っているファンドのうち、ほとんどが1年以内という短期間であることも特徴的です。

最小投資額

一口1万円で、1万円以上なら1,000円単位で投資できます。

予定利回り

目標利回りは平均で67%です。

運用期間

1~6か月以内の短期運用、 712か月以内の中期運用 12か月以上の長期運用に分類される案件を扱っています。

手数料

日本円での出金手数料は無料で、出金時の最低金額を1,000円としています。米ドルならみずほ銀行の口座から出金した場合に4,000円、他の銀行の口座である場合は6,500円の実費手数料が発生します。

8.ポケットファンディング

21.ポケットファンディング

概要

ポケットファンディングは、沖縄県内の不動産を中心としたファンドを扱うソーシャルレンディングサービスです。沖縄県内の地元事業者を支援できるのが特徴で、とくに不動産開発の案件への人気が高まっています。運用期間が1年以内の案件が多く、少額スタートできるので初心者へおすすめです。

最小投資額

最低1万円から投資できます。

予定利回り

投資利回りの目標を4.0%と設定しています。

運用期間

運用期間は12か月のものが中心です(6か月以内、24か月以上かかる案件もあり)。

手数料

銀行への投資資金の振込と分配金の投資口座への振込手数料は投資家側の負担となります。

9.クラウドリアルティ

16.クラウドリアルティ

概要

クラウドリアルティは国内外にとどまらず、多くの不動産案件に特化したソーシャルレンディングサービスです。国境を越えた資金調達や投資の需要に対応しており、国際的な資本市場を築き上げることを目指しています。

最小投資額

一口あたり5万円からの投資が可能です。

予定利回り

国内の案件で平均67%前後、海外の案件で平均89%の利回りが設定されています。

運用期間

12~36か月の長期運用の案件を多く扱っています。

手数料

入金手数料は投資家側の負担となりますが、分配金の振込手数料は事業者側が負担します。

10.SAMURAI

06.SAMURAI

概要

SAMURAIは、SAMURAI証券株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。長期運用の案件を中心に扱っており、プロ投資家向け投資、海外投資、社会貢献型投資といった投資商品があります。投資家の好みに沿ったリスク、リターンのある投資商品が揃っているのも特徴的です。

最小投資額

1万円から投資できます。

予定利回り

目標利回りは510%です。

運用期間

最短なら6か月の運用期間で、案件によっては12か月を超えるものもあります。

手数料

金融機関の入金にかかる振込手数料は投資家側の負担で、取引手数料、出金手数料は無料です。各商品にかかる特有の手数料は投資事業ごとに異なります。

11.LENDEX

20.レンデックス

概要

LENDEXは2017年に運営を開始したソーシャルレンディングサービスです。東急リバブル株式会社が査定した信頼できる不動産担保を設定した案件を扱っています。出金の手続きを終えた後の反映がスムーズなのも特徴です。出金手続きに時間を掛けたくない人に向いています。

最小投資額

最小で数万円単位から投資を始められます。

予定利回り

予定利回りは10%前後です。

運用期間

12か月未満の短期~中期運用の案件を扱っています。

手数料

投資家側の銀行口座から、投資口座へ入金する際に手数料がかかります。出金手数料は無料で、出金回数や金額に制限はありません。

12.TATERU FUNDING

05.TATERU Fuding

概要

TATERU FUNDINGは東証一部上場企業であるインベスターズクラウドが運営するソーシャルレンディングサービスです。不動産投資に限定した案件を扱っており、安全性が非常に高いため投資家からの人気を集めています。出資してからの解約、会員同士の一部譲渡に対応していることも特徴的です。

最小投資額

一口1万円から投資できます。

予定利回り

予定利回りは平均で35%前後です。

運用期間

3か月~1年程度と、比較的に短期の案件が多い傾向にあります。

手数料

出資金を入金する際の振込手数料は投資家側の負担になります。分配金が自分の口座に入金される際の手数料は無料です。

ビル

手数料を比較して信用できる事業者を探そう

ソーシャルレンディングは、投資家側に利益が発生した時のみ運用手数料を徴収する良心的な仕組みです。くわえて投資家から各種手数料を直接徴収する事業者は少なく、投資元本を下回る場合はほとんどありません。

 

ソーシャルレンディングでは間接的に手数料はかかるものの、投資家へ着実に利益を分配し投資家同士の利益競争が避けられるという点を比較すると、利益が出やすい良心的な投資方法なのでおすすめです。

 

人気のソーシャルレンディングサービス5社を比較して解説しました。一口にソーシャルレンディングと言っても、海外向け、不動産担保ローンなど、それぞれに特色があることがお分かりいただけたかと思います。メリットやデメリットを踏まえ、まずは信用度の高い大手サービス会社の案件から投資してみることをおすすめします。

 

なるべくリスクを抑えて利益を出すためには、少額・短期間の案件を選び、また、一社に全額投資するのではなく何社かに分散して少しずつ投資すると良いでしょう。とても奥の深いソーシャルレンディング。今日ご紹介した中から是非自分に合ったサービスを見つけて、資産運用を楽しんでみてください。

おすすめの記事