ソーシャルレンディングを行うにあたって、運用前から運用後までに起こるリスクを予想しておけば投資のプランは立てやすくなります。他の投資でも必ずリスクは考慮しなければならないですし、株や不動産投資のリスクと比較してみるのも良いでしょう。投資の中でもソーシャルレンディングは新しい投資方法です。市場規模も年々拡大し法整備も年々進んでいるため、リスクの軽減も検討されています。

ファンド運用開始までの期間に予想されるリスク

ソーシャルレンディング運営会社を決めた後、投資するファンドを選び運用が開始されます。このファンド運用が開始されるまでの期間にもリスクが伴う可能性があります。特に、運用前のリスクにはソーシャルレンディング特有のシステムが関わってくることから注意が必要です。

まず、ソーシャルレンディングにある「レンディング」は、証券の世界で「保有有価証券を貸しつける」という意味があり、投資という性質よりも融資に近いことが大きな特徴です。また、企業が投資家へ直接融資するのではなく、ソーシャルレンディング会社の仲介が出資を募るところも特徴のひとつです。

融資先の企業が多額の融資を必要としていても、ソーシャルレンディング会社が不特定多数の投資家から資金を募ります。そのため、投資家1人ひとりの出資額は少額であっても、投資家が多くなればなるほど多額の融資ができるというわけです。ソーシャルレンディングの運用開始前のリスクを考慮するなら、この仕組みを理解しておきましょう。

融資先の審査漏れリスク

ソーシャルレンディング会社は投資家から出資を募りますが、このとき匿名組合出資契約を締結します。これにより融資先企業からも投資家からも、お互いの情報が分からないようになります。融資先も申し込みがしやすく、投資家も少額から始められるため人気があるシステムですが、一方で融資先の情報が分かりにくいという問題点もあります。担保の安全性や事業の内容、将来性などは株を行う際なら投資家は注目したい点のため、詳細が分からないのはリスクにもなり得ます。

自転車操業で借金を繰り返している企業が融資を申し込むことや、ファンドの運用中に倒産することを避けるために、ソーシャルレンディング運営会社では融資先の審査を厳しく行っています。しかし、投資家としても融資漏れしている部分がないとは限らない、と想定してプランを組み立てることが大事です。

希望した事業に投資できない

興味のあるファンドを見つけたとしても、すでに募集が終了していることもあります。人気のあるファンドは投資家の申し込みが早い者勝ちの状態になっていることが多いため、希望の事業に投資するためには情報を集めて早めに決断したほうがいいでしょう。そのためにはソーシャルレンディング会社のホームページは常にチェックしておかなければなりません。

待機期間がある

ファンドに無事申し込めたとしても、融資先と仲介するソーシャルレンディング運営会社は契約を締結しなければならないため、すぐに運用が始まるわけではありません。実は待機期間中は利子がつかないことから、短い期間の運用だと予想よりも低い利益になってしまうのです。待機期間のリスクも含めて考え、利益を高く見積もりすぎないようにしましょう。

運用中に予想されるリスク

ファンドに申し込み、運用が開始された際のリスクは投資家にとって注目が集まる点です。しかし運用中に起こりうるリスクは、ファンドへの申し込みの前にじっくり検討する必要があります。

途中解約ができない

資金の引き上げは投資ではよく行われることですが、ソーシャルレンディングは融資の特性があるため、特別な場合以外は契約の途中解約ができません。お金が必要になったからと言って出資金の引き上げができないため、スケジュールや金額にも余裕をもち、融資先事業の研究を行った上で投資するのが理想的です。

早期償還のリスク

融資という性格上、早めに出資金が返済されるリスクもあります。早期償還の場合は分配金が少なくなるため、償還金と分配金のトータルが少なくなる予想がありますが、償還金自体は損失なく戻ってきます。

貸倒れリスク

ソーシャルレンディングの投資家にとって、運用中に融資先が倒産することは一番注意したいリスクと言えるでしょう。倒産してしまえば出資金が一部、または全額戻ってこないこともあるためです。元本保証型の投資には銀行預金や国債などがありますが、融資という特性上ソーシャルレンディングには元本保証がありません。そのため融資先の検討や担保の有無は重要視しなければなりません。

運用後に予想されるリスク

運用後には償還金と残りの分配金が返済され、それを元手に新しいファンドに投資する計画を立てている人もいるでしょう。その計画には運用後のリスクも考慮されなければなりません。

返済遅延リスク

ファンドの運用期間が終了しても、返済金がすぐに戻ってこないこともあります。貸倒れというわけではなく、事業の利益を返済金に充てようとしているファンドにみられるケースです。期間までに一部や全額返済が得られる返済補償もないことがほとんどです。

延長期間内にも利子がつく場合は予想以上の利益になりますが、この償還金を元に投資をしようと計画しる場合はスケジュールの組みなおしが必要になります。

元本割れリスク

無事運用期間が満了したとしてもリスクがあることを覚えておきましょう。本来、融資であれば元本割れはあり得ませんが、ソーシャルレンディングは投資の特性ももっているため、トータルでは利益が出ているとしても出資金が損失しているという元本割れリスクがあります。そのため償還金や分配金は運用後計算や確認が必要です。端数は切り捨てられている場合もあり、その注意事項がソーシャルレンディング運営会社のホームページでも周知されていれば参考にしましょう。

実は国内のソーシャルレンディングでは元本割れが起こるケースは稀です。海外のソーシャルレンディングではいくつか事例があるため、ソーシャルレンディング運営会社を選ぶ際には過去の事例やその後の対策もチェックしておくのが大切です。

手数料のリスク

もしソーシャルレンディング運営会社が分配口座を用意しているなら運用後の出金は要注意です。運用中も分配金を出金する人もいますが、その度に数百円程度の手数料がかかってしまうこともあります。分配金が1,000円以下なのにその度に引き出していては、利益が少なくなってしまうため注意が必要です。

また、運用中の出金は毎月ではなく最低限にするか、SBIソーシャルレンディングのように分配口座を設けていない、もしくは手数料無料の運営会社を選ぶと出金の度に手数料がかかるリスクを回避できます。ただし、分配口座から同会社の別ファンドに申し込む場合は、出金のコストはかかりません。

ノートを持ち考える女性

株や不動産投資とのリスクを比較してみる

ソーシャルレンディングにも上記のようなリスクはありますが、当然他の投資にもリスクは予想されます。投資に対する自分の目的を明確にするためにも比べてみましょう。

不動産投資とのリスクの違い

不動産投資とソーシャルレンディングは同じくミドルリスク・ミドルリターンの投資であると言われています。というのも、不動産投資は不動産を購入してから資産運用するまでの間は大きなリターンが得にくいですが、急激に不動産の価値が暴落することはほとんどないためリスクが少ないです。

しかし、不動産購入する場合はあらかじめ多額の資金が必要になり、場合によってローン契約が必要になることもあるため、初心者は手が出しにくいという状況でした。それに対してソーシャルレンディングは1万円から始められるファンドもあるため、同じミドルリスク・ミドルリターンの投資でも気軽に始めやすいのが特徴です。

株とのリスクの違い

株はハイリスク・ハイリターンの投資では代表格。株式は不動産と違い、短い間で価値が数倍にもなるため、リターンも高いです。逆に、暴落すると投資した額が全て戻ってこない危険もあるため、常に市場をチェックする必要があります。ソーシャルレンディングの利回りは変化することがなく、得られる利益にある程度予測が立てられるのが魅力でしょう。ただし、株は信託保全されているため、これが貸倒れのリスクがあるソーシャルレンディングと大きく異なります。

カレンダーと男女の人形

ソーシャルレンディング投資は今後リスク軽減するか?

ここまで見てみると、事業者の詳細が分からず、自転車操業でも気づかれない、貸倒れの可能性があるというところがソーシャルレンディングが今抱えている最大のリスクでしょう。

これはソーシャルレンディングが株と比べると歴史が浅いという事情が影響しています。しかし、近年ソーシャルレンディングの市場は拡大し続けています。2016年と比べると2022年には市場規模は13.8倍にもなるとも予想されており、それに伴って個人投資家も増えるため法整備の検討も予想されます。

ソーシャルレンディングのリスク軽減のひとつとして、2018年6月の閣議決定の内容に注目が集まりました。融資先匿名化の廃止が今後検討されるという内容が「クラウドファンディングに係る規制改革」の中に盛り込まれています。貸金業法を考慮して適切な方法をとりながら検討されると明記されているため、今後の議論を待つ必要はあります。しかし、この規制改革の閣議決定によって、今多くの投資家がソーシャルレンディングで最大に考慮したい要素が改善される日も近いとです。

参考:国内ソーシャルレンディング市場は2022年に約14倍に拡大 | マイナビニュース

参考:規制改革実施計画

今後の情報にも注目してリスクを検討

法律が改訂されると投資の方法や運用のコツも変わってきますが、ソーシャルレンディングは今後もその変化を注目すべき投資になるでしょう。今はまだ融資先が匿名であることから、ソーシャルレンディング運営会社の信頼性を一番に考えて投資することをおすすめします。

また、融資という特性があることも考慮に入れてソーシャルレンディングは始めなければなりません。通常の融資とも異なる注意点があるため、ソーシャルレンディングのリスクを徹底的に洗いなおして綿密な計画を立てる必要があります。リスクがあることを受け入れればソーシャルレンディングは高い利回りの安定性のある投資です。この特性を理解し、運用していきましょう。

おすすめの記事