Risk Investment Opportunity Management SWOT Concept

近年、資産運用の業界でソーシャルレンディングという新しい投資方法に関心が集まっています。

 

少ない額から試せる上、運用の手間が少なく比較的高い利回りが期待できるソーシャルレンディングは、「今後のために資産を増やしたい」「仕事とは別に副収入が欲しい」という人におすすめです。
ただし金融商品である以上、ソーシャルレンディングにはいくつかのデメリットがあります。そこでソーシャルレンディングの抱えるデメリットを踏まえた上で、それらの解消法や損失のリスクを最小限に抑える投資のポイントをご紹介します。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは、デメリットが少なく、低リスクである程度の利益が見込める投資方法のことです。ソーシャルレンディングの特徴や大まかな仕組みについてご説明します。

ソーシャルレンディングは新しい資産運用の選択肢のひとつ

ソーシャルレンディングを簡単に説明すると、投資で資金を増やしたい人と資金を融資してもらいたい人との仲介を事業者が斡旋・提供するマッチングサービスのことです。

ソーシャルレンディングの事業者は金利、返済期日の設定や資金提供など融資先とのやり取りを一括して担当するため、投資家側に運用の負担がかかりません。

ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングでの資金の流れを簡単にご紹介します。

 

1.融資を希望する企業がソーシャルレンディング事業者に登録して資金提供を募る。

2.投資家がソーシャルレンディング事業者を通して融資先に対し資金提供を行なう。

3.融資先が提供資金をもとに利益を上げ、ソーシャルレンディング事業者に対し提供資金と利子の返済をする。

4.ソーシャルレンディング事業者は返済金の利息の中から仲介手数料と源泉徴収を引いて返済金の分配を行なう。

5.投資家はソーシャルレンディング事業者を通じて、融資先から提供した資金の返済と利息を受け取る。

 

最終的に投資家に渡る利回りは、貸出金利から仲介手数料と源泉徴収を引いたものになります。利回りは案件ごとに異なり、高く設定されている案件ほど運用期間が満了した場合に利益を多く受け取れます。

落ちたらサメのエサ

ソーシャルレンディングのデメリット

ソーシャルレンディングは金融商品である以上、それ相応のリスクを伴います。そこでソーシャルレンディングがもつ4つのデメリットを確認しましょう。

途中解約、途中換金が不可

一度口座から資金を投資すると、運用期間が満了するか、融資先が前倒しで返済する(早期償還)かのどちらかにならない限り、投資した資金を回収できません。
また融資先が返済期日の延長を希望する場合は運用期間が延長されるので、資金の回収が想定よりも遅れてしまいます。

そのため生活費はもちろん、急な出費や資金繰りが必要になった際に困らないよう、貯蓄は余裕をもって手元に残しましょう。例えばソーシャルレンディングで資金を運用するなら年収と生活費を分け、年収の最大何%を資産運用に回すのかをあらかじめ決めておくことが大切です。

融資先の詳細情報が確認できない

貸金業法の関係上、ソーシャルレンディング事業者は不特定多数からの投資による貸付を仲介するために融資先と匿名組合契約を結んでおり、投資家はソーシャルレンディング事業者の設定した運用期間や利回り、融資を希望する総額、など最低限の情報しか知ることができません。

ただし、出資する案件は国内の事業や運用期間が満了する可能性が高い短期の案件に留めるなど、閲覧可能な情報から投資対象としてふさわしいかを判断できます。ご自身の資産運用計画や将来設計に合わせ、リスクを考慮した方針をもつことが大切です。

また、損失のリスクを避けるには案件の情報を確認するだけでなく、資産運用や融資先から提案された案件の選択を任せている事業者が信頼に足る企業かを確かめることも重要です。ソーシャルレンディング事業者を選ぶ際は、次の項目を参考に確認してください。

・事業者に一定の知名度があるか
・事業者の株主が信頼できる大手企業であるか
・事業者の資本金、業績(累計資金調達額etc)は十分か
・事業者が掲げる融資先の審査基準は信頼できるか
・事業者の管理体制、経営方針が堅実であるか

元本の保障がない

ソーシャルレンディングの投資金は金融商品のため、元本に損失が生まれるリスクがあります。
しかし現在、ソーシャルレンディング事業者の審査で通る融資先は個人ではなく中小企業が大半であり、貸し倒れになる事例が減少しているため投資金をすべて損失するリスクは低いといえます。
大きな赤字になるリスクを避けたいのなら、返済期日の延長、元本の毀損のリスクがある案件に一点集中した投資を避けて複数の案件に分散する、融資先が不動産などの担保を用意している案件を選ぶなど、リスクマネジメントを図ると良いでしょう。

元手が何倍にも膨らむ利益は期待できない

ソーシャルレンディングは、手持ちの資産を何倍にも増やしたい人にはあまりおすすめできません。投資から大きな利益を得たいのであれば、株式投資やFXといった利益の跳ね上がる見込みのある資産運用を検討しましょう。ただし株式投資やFXは大きな利益が見込める反面、相場の変動が激しく利益を上げるために逐一市場の動向を見続けなければならず、また損失も生みやすい特徴があります。

一方でソーシャルレンディングは仲介する事業者が融資先との取引をすべて代行するため、運用面でかかる投資家の負担はほとんどなく、低リスクの割にはそれなりのリターンが望めます。「仕事や私生活を優先して資産運用をしたい」または「少ないリスクで目に見える利益を上げたい」という人にはソーシャルレンディングがおすすめです。

ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングのデメリットとその解消法についてご紹介しましたが、ここからはソーシャルレンディングがもつメリットの特徴をまとめてご紹介します。

定期預金や国債よりも高い利回りが魅力的

ソーシャルレンディングは利回りの良さが魅力的で、管理の少ない資産運用として関心が高まっています。

例えば定額預金の金利0.01%、10年間での国債の金利0.56%なのに対して、ソーシャルレンディングの金利は3.2~10%とかなり高めに設定されています。ソーシャルレンディングの市場は新しいこともあり損失を生まない安定性では定額預金や国債に軍配が上がりますが、金利でみるとソーシャルレンディングの方が高くなっています。

少額で投資可能で配当の内訳がシンプル

投資家は案件に対する出資額をある程度自由に設定できます。最低1万円から投資が可能なので、初めてソーシャルレンディングを利用する場合も少額から試せます。

また、分配金の算出も事業者側が行なっており、手数料と源泉徴収があらかじめ引かれているため、内訳がシンプルで純粋な利益を把握しやすいのもソーシャルレンディングのメリットです。

投資後の運用が一切不要

提供資金の返済状況の確認や分配金の支払いはソーシャルレンディング事業者に管理を一任するので、煩わしい運用や管理は一切必要ありません。投資経験の少ない初心者に向いており、他の金融商品と比較して仕事や私生活との両立がしやすいのもソーシャルレンディングの特徴です。

他の金融商品よりも精神的な負担が少ない

株式投資やFXはいつでも現金化できる自由さや大幅な利益を得られる可能性がある反面、「手持ちの商品の価値がさらに上昇するかもしれない」「損失のある状態で商品を手放したくない」「市場の変動が激しいから目が離せない(仕事やプライベートがおろそかになる)」などの様々な精神的負担があります。

その点、ソーシャルレンディングは運用期間の満了時まで案件ごとの金利が変動することもなく、投資後は動向を常に把握する必要がないため、精神的負担は少ないといえます。

資産運用のシミュレーションができる

案件によって運用期間の長さは様々で、1ヶ月ほどの短期の案件から3年に渡る長期の案件もあります。それぞれの案件には長所と短所があるため、特徴を理解することで効率良く資産運用のシミュレーションができます。

短期のソーシャルレンディングの特徴

短期の案件は融資先が早期に資金を返済できるという算段をもとに設定されています。そのため返済が滞って貸し倒れになるというリスクが少なく、損失が出る心配はほとんどありません。

ただし、ソーシャルレンディングの案件では年利で利回りを提示しているものが多いので、1年に満たない短期の案件では受け取れる利息が少なくなります。また運用期間の満了が早いため、終わるたびに新しい案件を再び選ぶ必要があります。

長期のソーシャルレンディングの特徴

運用期間が1年以上になるような長期の案件は、短期に比べて利息の多い年利による利益の増加が見込めます。

ただし運用期間が長くなるほど貸し倒れのリスクが高くなる上、運用期間が満了するまではその投資金を回収することができません。

このように短期と長期の案件の特徴を理解して上手く活用すれば、資金の返ってくるタイミングや次の投資を始めるタイミングを調整してご自身に合った資産運用計画を立てられます。

夢が拡がりング

 

ソーシャルレンディングのデメリットは考え方次第!

ソーシャルレンディングには、確かにデメリットがあります。

ただし、デメリットの解消法を踏まえて損失のリスクを低く抑さえた資産運用が可能です。

他の金融商品比べて事業者に任せるだけなので手間がかからず、株式投資やFXよりも低いリスクで利益を上げることができるソーシャルレンディングは、これから投資による資産運用を考えている人や、投資経験の少ない初心者にもおすすめできる投資方法です。

おすすめの記事